サイトマップ

ミニベロおやじ@悠遊写輪

中年オヤジの写真撮影と自転車遊び

のんびり写真を撮りながら地元の街々を16インチのミニベロで
ポタリング&プチツーリングしています。

愛車(自転車)

車両購入時期走行距離備考
宮古島
ブロンプトンM3L
2009年1月26255km輪行観光ポタリングを楽しむために購入
日本一周を達成しました。
ビアンキ LupoD
ビアンキ LupoD
2009年3月17963km近場の撮影サイクリングを楽しむために購入
富士山スカイライン
ビアンキ ニローネ
2010年1月14221kmロングライドのために購入
水源公園
パナソニックORC16
2013年2月3916km「ブルベ」に挑戦するために購入
水源公園
ビアンキ ROMA
2013年6月7646km「軽いLupoDが欲しい」という欲求を満たすために購入
碧南
ブロンプトンS2L
2014年1月4050km「折り畳み自転車でブルベに挑戦」のために購入
奥山田
リドレー フェニックス
2015年4月940km過酷な山岳ブルベを走るために購入

引退

車両購入時期走行距離備考
矢作川 河口
ブルーノミニベロ16ロード
2008年11月4598km自転車の面白さ楽しさを求めるために購入
2013年12月売却
乗鞍岳 畳平
ジオス アンティーコ
2009年11月7131km超激坂ヒルクライムに挑戦するために購入
2016年7月売却
ふじあざみライン
ルイガノキャスパー
2011年1月9747kmジテツウのために購入
2013年2月売却

走行距離の明細

月日の流れは早いもので、気が付けば歳は四十半ば。哀しいかなウエイトハンディ20kgの肥満体系中年オヤジになっていました。日頃の運動不足解消、メタボ対策、最近の流行?、エコだから?、などなど、自転車を購入した理由は“10人10色”の如くいろいろあると思いますが、拘って選んだ自転車だけどイザどこを走ったら良いのやらと悩んでいる人は結構いそうです。三河地区限定の自転車マップ本でもあれば助かるのでしょうが、今のところそのような本はないので、地図を眺めながら走ってみたいと感じたコース、観光ガイド本を見ながら立ち寄ってみたいと思った施設、そして自転車ユーザの趣味サイトを参考に道路情報の収集、実際に40歳半ばの私が走った三河エリアのフォトレポートを掲載します。

このサイトが、「自転車を買ったけど、さてどうしましょう」と悩んでいる三河エリア在住のミドル世代の人たちの参考になれば幸いです。

長期企画「自転車旅」

長期間になる日本一周の旅というのは非現実的なことですが、休日を利用した数日間の旅なら社会人でも十分にできます。細切れになっても走行ルートを全て接続すれば、それは「日本一周の旅」と同じ。折り畳みの旅自転車「ブロンプトン M3L」を酷使して雨にも嵐にも負けない「修行僧」のように日本全国を旅します。
「ブロンプトン」で日本全国制覇の旅  ( 走行マップ )

特別企画「ブルベ」

ブロンプトンの過酷の旅を続けてきたことも要因の一つですが、自転車遊びを続けていくにつれて、脚力、体力、持久力、回復力が人並みについてきました。「自転車旅」が今後もメインイベントではありますが、それとは別枠で何か楽しめるものが欲しくなりました。日帰りや1泊2日の気軽な旅、近場のポタリング、それらは今までと同様に思いつきですぐにできます。もっと違うものは無いのか。。。
  → アラフィフおやじが「ブルベ」に挑戦

レポート更新情報

26年越しの八重山諸島の旅
九州平定「官兵衛ゆかりの地を巡る」
九州平定「西南戦争激戦地『田原坂』と世界遺産候補地『三池炭鉱跡』」
九州平定「天草の教会と四郎像」
九州平定「祐徳稲荷神社と雲仙鉄道廃線跡」
九州平定「大宰府跡と秋月城跡と吉野ヶ里遺跡」
栃木県編「栃木県南部周遊サイクリング」
群馬県編「関東屈指のパワースポット榛名神社」
群馬県編「富岡製糸場と伊香保温泉」
長野県編「真田幸村ゆかりの地と軽井沢観光」
岡山県編「備中松山城と鬼ノ城と備中高松城」
広島県編ファイナル「さざなみ海道と古い町並み」
広島県編「吉田郡山城と安芸の宮島」
世界遺産コンプリートを目指して「石見銀山遺跡」
滋賀県編「比叡山延暦寺と観音寺城跡」
福井県観光サイクリング「丸岡城〜勝山〜大野城〜一乗谷」
まったりと若狭湾サイクリング「敦賀〜小浜」
浅井長政の故郷「浅井町」と北国街道の難所「栃ノ木峠」
日本一周補完計画 岐阜編「高山〜白川郷〜郡上八幡」
日本一周グランドフィナーレ「万感の思い 富良野と美瑛」
日本一周ファイナル3「大願成就 襟裳岬〜幸福駅・愛国駅」
日本一周ファイナル2「競走馬の故郷 日高〜襟裳岬」
日本一周ファイナル1「リボーン道半ば 北広島〜夕張〜日高」

過去のレポートは「ポタリング&サイクリング レポートインデックス」からご覧下さい。(※368本掲載)

ミニレポートや改造ネタはミニベロおやじ日記に掲載しています。


アクセス数

セッション数567,088
ページビュー数1,117,581
(2008年11月〜2016年6月)
レポート別アクセス数

管理人のプロフィール

写楽

syaraku1964をフォローしましょう

●ハンドル(ネーム)

写楽

※写真サイトをハンドルネーム「写楽」でやっていますが、ややこしくなるため自転車サイトも「写楽」にしています。

※質問、問合せなどはツイッターでお願いします。

●年齢

東京オリンピックが開催された年に生まれました。

●体型

身長:170cm
体重:61.5〜62.0kg
体脂肪率:8〜9%

●住所

愛知県(生まれも育ちも)

●仕事

愛知県の某中小企業で社内SE(もどき)をやっています。社員を節操無くコキ使う会社ですから、とりあえず“なんでも”やります。最近は「Web」に関することをやっています。
ソフトウェア開発技術者試験(応用情報技術者試験)
第二種情報処理技術者試験(基本情報技術者試験)

●趣味

子供の頃から多種多様です。現在は「写真撮影」と「自転車」に力を入れています。
フォトマスター1級

●座右の銘

やると決めたことは徹底的にやる。中途半端は人生の無駄。

●ネット歴

パソコン通信全盛期(NIFTY,PC-VAN)からやっているので結構長いです。

●主な撮影機材

・OLYMPUS E-3
・OLYMPUS E-510
・OLYMPUS PEN E-PL7
・STYLUS TG-850 Tough
・CANON PowerShot G9X

カメラ道楽で購入したデジカメの台数は“32”です。

写真撮影とデジカメについては姉妹サイト「青空写楽」をご覧ください。

フォトマスター1級
フォトマスター1級


当サイトが「Yahoo!カテゴリ」に登録されました。


「ミニベロ」で検索されて当サイトに訪問された方へ。ミニベロの基本的な情報については「ウィキペディア」をご覧ください。

小径車(しょうけいしゃ)はタイヤ径の小さな自転車の通称である。この言葉自体に公的な定義は存在しないが、『自転車用語の基礎知識』(バイシクルクラブ編集部編、竢o版社、2003、ISBN 4870999064)では、タイヤ径20インチかそれ以下の自転車で、20インチであるBMX車は慣例として含めないと説明される。日本工業規格JIS D 9111:2005(自転車 - 分類及び諸元)では、コンパクト車という車種が「室内での保管、自動車トランクへの収納又は公共交通への持込みを意図し、呼び(径)20以下の車輪及び軽量なフレームによって、軽量化及びコンパクト化を図った自転車」と定義されている。輪行など自転車以外の交通手段で運ぶことを意識して、車体がコンパクトに折りたためるよう設計された折り畳み自転車が多いが、必ずしも折りたためるとは限らない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リンクについて
「ミニベロおやじ@悠遊写輪」へのリンクについては、原則フリーとします。 ただし、フレーム内リンクなど、「www.minivelo16.com」の独立性が不明確になるような方法でのリンクはご遠慮ください。リンクしていただいた場合は、ご連絡いただかなくても、管理人の主観で逆リンクさせていただくこともあります。

免責事項
掲載した情報に誤りがあった場合、または当サイトのご利用に際して生じたトラブルについては、一切責任を負いかねます。当サイトのご利用によって生じたソフトウェア、ハードウェア上のトラブルその他の損害についても、一切責任を負いかねます。なお、当サイトに掲載されている情報等につきましては、予告なく変更、又は削除されることがあります。

引用・転載・複製等について
著作権法上認められている例外を除き、著作権者に無断で転載・複製等を行うことはできません。当Webサイトの内容について引用を行う場合は、出所を明記してください。(※写真の引用はできません)