サイトマップ  HOME

ミニベロおやじ@悠遊写輪

BIANCHI Via Nirone でツーリング

「BIANCHI Via Nirone」の走行レポート一覧


ここからはオヤジ日記から「BIANCHI Via Nirone」のパーツ交換に関する記録を転記します。

2009年10月14日

夏前の2ヶ月間「ロード欲しい病」に掛かり、それは治まっていましたが、代わりに8月下旬頃から「“遊べる”4台目が欲しい病」に掛かっていました。遊べる自転車といえば「ミニベロ」になるわけですが、いきおいで発注した後「納期は7週間〜8週間」という返答で冷静になってキャンセルしました。そのまま発注しておけば10月下旬には納車されていたかもしれませんが、ミニベロ16の改造ネタの延長になってしまうため、新規性という点では劣ります。今思えば、2009年モデルをキャンセルしたことは正解だったかもしれません。(2010年モデルが発表されているので)

最近「山間地走行」の頻度を増やしていますが、やはり当然の如く「軽さは武器」に行き着くわけです。来シーズンは「富士スバルライン」や「乗鞍スカイライン」を走ってみたいという願望があります。レースとかイベントではなく、単にサイクリングの延長として楽しんで走りたいだけですが、ロングの上りをビアンキLupoDでというのは辛すぎます。頑丈なビアンキLupoDですからキャリアをつけて、のんびりとサイクリングを楽しむというのが似合っています。そのためのキャリアは既に入手済みですが、「山間地走行」のために付けていません。よって未だにビアンキLupoDは中途半端な役割になっています。

自転車もカメラ機材と同じで、結局のところ「目的に合わせて道具を選ぶ」になるわけで、「軽量ロード」も道具として必要になってきます。ビアンキLupoDを購入したときは体重オーバーで選択肢が殆どなく、軽量ロードなど対象外でした。脚力も無いため、ムリに買っても不釣合いな道具になってしまい、乗らなくなってしまったかもしれません。現在の体重は約67kgになり、多少なりとも脚力も付いてきたため、ようやく軽量ロードも選択肢に入り、単に欲しいだけではなく、道具として必要と思えるようになったため、先日思い切って2010年モデルを予約注文しました。毎年の如く納期未定で見通しすら経っていないそうで、軽量ロードが納車されるまではビアンキLupoDで走り回り、軽量ロードを走らせても恥ずかしくない脚力を付けることにします。その時こそ「やっぱり軽量ロードなら速く走れるじゃん」と言えるかもしれません。

vianirone
2010モデル
BIANCHI Via Nirone ALUCARBON ULTEGRA MIX
カラー:ホワイト/チェレステ
希望小売価格(税込) 189,000円

■フレーム:Via Nirone アルミカーボンバック
■フォーク:Bianchi FL5 カーボン
■ブレーキ:SHIMANO ULTEGRA
■クランク:FSA GOSSAMER MEGAEXO 50/34T
■変速:20SPEED
■カセット:Shimano ULTEGRA 12/25T 10SPD
■ペダル:別売り
■ホイール:SHIMANO WH-RS10
■タイヤ:CONTINENTAL ULTRA SPORT 700x23c
■ディレーラー:F/Shimano ULTEGRA R/ Shimano ULTEGRA
■シフター:Shimano ULTEGRA
■サドル:FIZI:K ALIANTE DELTA

サイズは自転車屋さんで相談したところ、しっかり走るためのロードバイクの場合は余裕を持たせた方が疲れないとのことで、「500mm」になりました(「530mm」なら2月に納車されるそうですが)。単純に身長で判断してはダメみたいですね。寸法決めには、乗って行ったビアンキLupoDが役に立ちました(無理して乗っている感が漂う?)

「ロードを買うのならクロモリロードでしょ」と考えていましたが、あくまでも“道具”として考えれば趣味性の点は妥協するしかありません。3台続けてクロモリフレームですから、4台目は「少しでも楽に速く走るため」を優先しましたが、逆に選択肢が多いのが悩みのタネです。ですが、「カーボンバック+アルテグラ+コンパクトクランク」で20万円までという条件を付けると、選択肢は狭くなりますね(「105」なら大量にありますけど)。予算面で少しムリすればフルカーボンのフレームもありえますが、「アルテグラ+コンパクトクランク」という条件を満たさなくなります(これも「105」になってしまう)。「カーボンフレームでコンポがアルテグラならレースでしょ」という設定かもしれませんね。ビアニローネが納車されたら、山仕様としてフロントを46-36T、リアを11-28Tにする予定です。

2010年01月30日

今シーズン中にやってみたいこと
・富士スバルライン
・乗鞍スカイライン
・ビーナスライン
・琵琶湖一周
これらを達成するために必要な自転車は「ロードレーサー」です。

ビアンキLupoDはシクロクロスというよりはサイクリング車ですので、ビアンキLupoDでもできないことはないのですが、まあ道具に頼れるのなら頼ったほうがいい年齢であるわけですので、軽量ロードバイクすなわちロードレーサーを買うことにしました。

昨年の10月に注文しましたが、納期未定でいつ手に入るのか分からない状態だったのにも関わらずショップから「入荷しました」と突然の連絡があって、受け取りに行ってきましたが、店内を案内されて…

あれ? チェレステ?

注文したのはホワイトなんですけど…。チェレステだと、まんまLupoDとかぶるためホワイトが欲しかったのです。チェレステだと「いかにもBianchiです」という感じがしてなんだかなぁと思い始めている時期でもあったのですが。

たまたまショップが先行して注文していた「BIANCHI Via Nirone ALUCARBON ULTEGRA MIX」の50cmが入荷されて、それを私が発注したものだと勘違いされてしまったようです。

改めて私が発注したものの入荷時期を確認してもらうと、相変わらず「納期未定」だそうで「3月〜7月のどこか」らしい。

目の前には欲しい車種がある。問題は「色違い」というだけ。うーんどうしようかなぁ。LupoDとかぶるなぁ。チェレステかぁ。うーん。でもホワイトを待っていて3月に入荷されるのなら良いけどその保障はないし…

「これにします」

ということで「いかにもBianchiです」というロードレーサーが手に入りました。まあ、Bianchiなら貧脚でも許されるのでいいかぁなんて都合が良い理由ができました。

で、自宅に持ち帰って、さっそく嫁さんに見せると「同じものを買ったの?」と言われてしまった。「これ軽いんだよ。富士スバルラインを上るのにいるんだよ」と説明すると「最初からそれを買っておけばいいのに」と痛いとこをつかれてしまった。「ようやくこれに乗れる体重になったんだよ」と説明すると「ふーん」で終わってしまった。


チェレステ単色塗りじゃないことが救いか。このあたりのデザインは好きです。


標準添付のボトルとケージがチェレステ。私はミーハーブランド好きではないのですが、なぜか今回もBianchiを選んでしまいました。たぶんラインナップが分かりやすいからだと思います。その点はルイガノも同じですね。レースにでるわけではなく、あくまでもサイクリングの延長ですので、車種選択時も難しいことを調べなくても分かる分かりやすさというのが大切。


「レパルト・コルセ」のステッカー


走っている途中で気が付いたけど、あのジャマくさいSTIケーブルが出ていない。このメリットは大きいです。


評判が良いらしいサドル。短距離ならサポータ無しでも大丈夫そうです。


2010年シーズンは出番が一番多そうな愛車です。

今日は17km程度しか乗っていませんが、印象としては抽象的な表現になりますが「優しい」感じがします。LupoDはクロモリフレームとはいえ、頑丈すぎるため、乗っていて硬さを感じます。「BIANCHI Via Nirone ALUCARBON ULTEGRA MIX」は柔らかい感じがするので、私の様な貧脚でもそれなりに走りたいという人には向いているかもしれません。

2010年02月02日

「BIANCHI Via Nirone」のリアスプロケットを

「BIANCHI Via Nirone」のリアスプロケットを

先日購入した「BIANCHI Via Nirone ALUCARBON ULTEGRA MIX」ですが、ヒルクライム用途で使うためにリアスプロケットを「ULTEGRA 12/25T」から「ULTEGRA 11/28T」に換装しました。

>> 続きを読む



2010年02月06日

「BIANCHI Via Nirone」で初トレーニング

「BIANCHI Via Nirone」で初トレーニング

今日は朝から雪が降っていましたが、時間と共に日が照りだし、正午頃には路面も乾いてきました。休養日のつもりで溜め込んでいるDVDを観始めていましたが、とりあえず1本観終わったところで、急いで支度をしてトレーニングに出発。「ビアンキLupoD」と比較して「BIANCHI Via Nirone」は3kg以上も軽いので、それはもう軽やかに坂を上れるでしょうと思いたいのですが、なぜか「ビアンキLupoD」よりタイムが遅いです…

>> 続きを読む



2010年02月07日

平野部のロングで「BIANCHI Via Nirone」を試す

平野部のロングで「BIANCHI Via Nirone」を試す

昨日同様に今日も冷え込んでいます。予定を変更して今日は平野部のロングで「BIANCHI Via Nirone」を試してみることにしました。

>> 続きを読む



2010年02月08日

速度が乗らない

速度が乗らない

昨日の知多遠征で感じたことですが、「BIANCHI Via Nirone」の場合はイマイチ速度が乗らないのです。セッティングが決まっている「ビアンキLupoD」の場合は、シグナルダッシュでグイーン、グイーン、グイ、グイと加速していき、こんなものでしょと回すのをやめてメーターを見ると35km/h程度までひっぱれます。ところが「BIANCHI Via Nirone」の場合はSPDペダルに手間取り、なんとか嵌めて、さあ加速とグイグイやっても28km/h程度です。“グイーン”という感じが全く無く、なんとなく加速していき、頭打ちになっているような状態です。

>> 続きを読む



2010年02月13日

トレーニングと平芝公園

トレーニングと平芝公園

今日のトレーニングの走行時間は1時間21分25秒。前回よりも2分22秒短縮できましたが、まだビアンキLupoDよりも1分4秒遅れです。下り区間は安定感があるビアンキLupoDの方が遙かに速いため、最後の平地区間で挽回したいところですが、なかなか走り方を変えるというのは難しいものです。手っ取り早くタイムを縮めたいのならSPDペダルをやめて、トゥークリップにした方が速いのかもしれませんが、そこから先が無いため「ロードバイクの走らせ方」を身につけるしかありません。

>> 続きを読む



2010年02月14日

瀬戸の焼きそば

瀬戸の焼きそば

今日はチャリンコ倶楽部のロードの部のメンバーで、瀬戸の焼きそばを食べにいきました。

>> 続きを読む



2010年02月20日

心拍計で山間地トレーニング

心拍計で山間地トレーニング

私の場合、心拍計が一番役に立つトレーニングは「山間地トレーニングコース」を走ることです。計算上、激坂&急坂の上り区間を151〜157、緩坂上り区間を145〜151、平地区間を133〜145、下り区間を115〜133を目安に走れば、心肺機能強化と持久力増加を目的としたトレーニングになるハズ。

>> 続きを読む



2010年02月27日

心拍計トレーニングで記録更新

心拍計トレーニングで記録更新

「BIANCHI Via Nirone ALUCARBON ULTEGRA MIX」に乗り換えれば簡単に速く走れるようになると思い込んだものの、実際に乗ってみると速いどころか遅くなってしまってガッカリという状況でした。「BIANCHI Via Nirone」を手に入れてからの1ヶ月間、自分なりに取り組んだところ、目標だったステージ1の走行タイム“1時間20分”を達成しただけでなく、“1時間15分29秒”という記録を作ることができました。何事も真剣にやればなんとかなるものです。

>> 続きを読む



2010年02月28日

LSD走行サイクリングを試す

LSD走行サイクリングを試す

出発時刻が遅くなってしまったため、急きょ西三河エリアをグルっと回って、「梅」と「桜」を観賞しますが、自宅にいても分かるほど強風です。1年前の私なら、晴天であっても風にめげて「やっぱりやめ」となるところですが、今年は違います。

>> 続きを読む



2010年03月13日

自転車列車の練習

自転車列車の練習

平坦地のトレーニング内容は「自転車列車の練習」です。ロード3台でローテーションさせながら走ると気分は“チームパシュート”ですね。若干の「向かい風&上り」区間になっている足助街道を、信号がある交差点まで自転車列車で走り続けました。現段階でも28〜30kmで巡航できましたので、トレーニングを続けていけばコースの状況によっては35kmの巡航もできるかもしれませんね。これはとてもチャリンコ倶楽部ではできないことですので、ロードレーサー限定の「トレーニングの部」を定期的に開催しようかと。

>> 続きを読む



2010年03月14日

チャリンコ倶楽部「ツーリング編(体験版)」

チャリンコ倶楽部「ツーリング編(体験版)」

チャリンコ倶楽部のロードの部「ツーリング編」の体験版を緊急企画というよりは、気合が入っている(走ることに目覚めた)K君に「日曜日に山間地を約130km走るけど…」と連絡したところ、「ぜひ参加します」のようにとても良い返事をもらったため、絶好の自転車日和の本日「矢作ダムと大正村ツーリング」を楽しんできました。

>> 続きを読む



2010年04月04日

 桜鑑賞2本とヒルクライム1本

桜鑑賞2本とヒルクライム1本

今日はチャリンコ倶楽部の“ツーリングの部”のメンバーと桜ツーリングを楽しみます。

>> 続きを読む



2010年04月06日

上って上って上って桜巡り

上って上って上って桜巡り

“桜巡り”のファイナルツーリングは、自分で設定したとはいえ過去最高の難易度の高さでした。桜観賞地は「三河湖」「田峰観音」「福田寺」「瑞龍寺」です。

>> 続きを読む



2010年04月10日

三国山ヒルクライム

三国山ヒルクライム

「愛知のロード乗りなら一度は挑戦したい」というのはいろいろあるかもしれませんが、「三国山ヒルクライム」もその中の一つかもしれません。

>> 続きを読む



2010年04月22日

「BIANCHI Via Nirone」のチェーンリングを交換

「BIANCHI Via Nirone」のチェーンリングを交換

「BIANCHI Via Nirone ALUCARBON ULTEGRA MIX」のチェーンリングは「50/34T」ですが、ケイデンスを90〜95にして走る場合は「50T」を踏み切れません。当初の予定ではビアンキLupoDと同じように「46/36T」にしようかと考えていましたが、ロードに「46T」では見た目のバランスが悪くなります。

>> 続きを読む



2010年04月25日

初センチュリーラン

初センチュリーラン

日も長くなり、3月までと比べたら1時間余分に走れるので、そろそろ「センチュリーラン」を試してみたいと思っていたところ、諸事情もあって「チャリンコ倶楽部 ツーリングの部」の緊急企画として「三河一周センチュリーラン」を開催することにしました。

>> 続きを読む



2010年05月04日

加茂広域農道を走る

加茂広域農道を走る

4月下旬からロング走行が続いているためか、昨日の休養だけでは体力が回復しませんでしたが、せっかくの自転車日和ですから、無理を承知でさらに無謀なチャレンジをすることにしました。

>> 続きを読む



2010年05月06日

ミッシングリンク

ミッシングリンク

BIANCHI Via Nirone」で静かな山間地を走っていると気になる音が聞こえます。「チッ………………チッ………………チッ………………」のように時々何かが当たっているような小さな音がするのですが、空回ししても音はせず、実走すると聞こえます。これはいったい何でしょうか。

>> 続きを読む



2010年05月09日

三ヶ根、幡豆、三河湾スカイライン

三ヶ根、幡豆、三河湾スカイライン

三河の山奥を「上って上って上ってちょっと下って」とやる場合は単独走行が多いのですが、「ちょっと上ってちょっと下って」なら複数でも大丈夫かもしれないため、同僚たちと「三ヶ根山」「幡豆広域農道」「三河湾スカイライン」を走ることにしました。

>> 続きを読む



2010年05月30日

本宮山ヒルクライムと160km走

本宮山ヒルクライムと160km走

今日はチャリンコ倶楽部のメンバーと「ヒルクライム+センチュリーラン」を楽しむことにしました。定番の「田原坂」にプラスして「本宮山スカイライン」をセットで上り、全行程の走行距離が160kmになるように設定しましたが…

>> 続きを読む



2010年06月02日

茶臼山の「天空の花回廊 芝桜の丘」

茶臼山の「天空の花回廊 芝桜の丘」

土曜日、日曜日は「茶臼山高原道路」が大渋滞するため、その中を自転車で走るのもツライです。そこで、平日に休みを取って出かけてきました。

>> 続きを読む



2010年06月12日

奥浜名湖でヒルクライムを楽しむ

奥浜名湖でヒルクライムを楽しむ

予定では「いけいけドンドン国道301号」と題して、弁天島から豊田スタジアムまで走ろうかと考えていましたが、それだけでは全く楽しくないため、奥浜名湖のヒルクライムを追加することにしました。しかし、電車内での服装と輪行セットが結構な荷物になるため、ヒルクライムのジャマになります。ヒルクライムをする時は軽ければ軽いほど良いですからね。

>> 続きを読む



2010年06月14日

チェーンリングのインナーも交換

チェーンリングのインナーも交換

今日はGIOSアンティーコではなく「BIANCHI Via Nirone」をいじくりました。5台もあると面倒を見る手間も5倍掛かります…。アウターを「スギノ SS110JS 48T」に交換して以来、フロントの変速性能がイマイチ良くありません。「ガリガリ、ガリガリ、ガリガリ、カシャン」という雰囲気というのかそのまんまの音がします。少しでもいじくると必ず何らかの問題が起きるのは仕方が無いのでしょうか。新アルテグラのクランクセットに交換した方が良いのでしょうが、もう少しいじくってみることにしました。

>> 続きを読む



2010年06月20日

紫陽花サイクリング

紫陽花サイクリング

紫陽花の季節ですので、空模様が怪しい中、チャリンコ倶楽部のJin君と「紫陽花サイクリング」をすることにしました。雨が降り出したらすぐに撤退できるように今日のスタート地点は西尾市の道の駅にしました。

>> 続きを読む



2010年06月25日

激疲れの山間地ロングライド

激疲れの山間地ロングライド

山間地のロングライドのことを「グランフォンド」と言うらしいのですが、私がやってきたことはグランフォンドそのものだったようで、いろいろ計画している今後の予定もグランフォンドが多いです。ヒルクライムがメインの100〜120kmと田舎道+峠を走る160〜180kmのコースを何本か用意してありますので、今日は奥三河地区を約180km走ります。ロング走行だけでは新鮮味が無いため、まだ走ったことが無い峠を2本追加します。

>> 続きを読む



2010年07月10日

激坂巡り茶臼山

激坂巡り茶臼山

6月の茶臼山遠征はヒルクライムネタとしては物足りなかったため、激坂のヒルクライムを目的に再度訪問しました。本日の激坂ヒルクライムは「面ノ木峠」「茶臼山」「平谷峠」です。

>> 続きを読む



2010年07月19日

自然を感じながら走るサイクリング

自然を感じながら走るサイクリング

車が殆ど通らない静かな山間地を走っていていいなぁと感じるものは「小川のせせらぎ」「小鳥のさえずり」ですね。そして、綺麗な空気、涼しい風、木陰を走れば日差しも柔らかい。自然を感じながら走るサイクリングは楽しいものです。それにヒルクライムを加えると達成感も味わえるので、非日常感を愉しむ趣味としてはベストな選択かなぁと私は思っています。

>> 続きを読む



2010年07月24日

静岡遠征2日目「グランフォンドin富士山」

静岡遠征2日目「グランフォンドin富士山」

「富士山一周」も今シーズンの内にやっておきたい課題ですが、サイクリング気分でぐるっと周るのも面白みに欠けるため「グランフォンドの部」として走ってみることにしました。

>> 続きを読む



2010年07月25日

山間地を走った翌日はLSD走行

山間地を走った翌日はLSD走行

二日間の静岡遠征で筋力を使ってしまったため、筋肉をほぐす為に今日は近場でLSD走行をします。

>> 続きを読む



2010年07月31日

獲得標高3000mオーバーに挑戦

獲得標高3000mオーバーに挑戦

山間地走行の“楽しみ”もいろいろありますが、グランフォンドの達成感みたいなものに関しては獲得標高(累積獲得標高差)でしょうか。今日はヒルクライムのステージまで車で移動して、上って下ってオシマイではなく、ヒルクライムを兼ねたグランフォンドをやってみることにしました。

>> 続きを読む



2010年08月07日

段戸山ヒルクライム

段戸山ヒルクライム

静岡、岐阜、長野にはヒルクライムの大物が何本もありますので、それらを1つ1つ攻略していく予定ですが、問題は順番と時期でしょうか。標高が高いところは夏場のうちに走っておきたいものですが、世間ではお盆休みに突入ということで、高速道路は朝から大渋滞必至。

>> 続きを読む



2010年08月08日

プチツールドくらがり渓谷

プチツールドくらがり渓谷

サイクリングの時の平均登坂速度は“600m”ですが、それでは真剣に走った場合はどうなるのか気になります。そこでJin君とトレーニングを兼ねて、くらがり渓谷の周辺をぐるっと周る「プチツールドくらがり渓谷」をやってみました。

>> 続きを読む



2010年08月29日

ツールド三河湖ショートコース

ツールド三河湖ショートコース

昨日の「妻籠宿&馬籠宿の観光と神坂峠ヒルクライム」は走行会ということもあって、走りに余裕を持ちすぎたため、今日はいつもの筋肉ほぐしのLSD走行ではなく、それなりに走ることにしました。体調がよければ「ツールド三河湖センチュリーラン」でもしようかと思うのですが、まあそれは走りながら考えていきます。7時出発。

>> 続きを読む



2010年10月18日

改めてロードでヒルクライムをやってみると

改めてロードでヒルクライムをやってみると

車での移動距離がそれほど遠くない場所なら、メンバーも参加しやすいかもと企画した「秋葉山ヒルクライム」ですが、「神坂峠ヒルクライム」がトラウマになっているのか賛同者が現れず延期状態でした。紅葉の時期になったら走りたい場所がいろいろあるため、秋葉山には単独で挑むことにしました。「山」と聞いただけで拒絶しなくてもいいのに…

>> 続きを読む



2010年10月29日

きららの森ヒルクライム

きららの森ヒルクライム

今週末は台風の影響で走れそうもないため、急きょ休みを変更して、本日「ツール・ド・豊田市」をやってみることにしました。

>> 続きを読む



2010年11月03日

付知峡の紅葉

付知峡の紅葉

急激に寒くなったので「紅葉」の見頃がいつになるのか分かりづらいシーズンになりそうですが、“見頃”になったからといって有名な紅葉スポットに出かけると観光客の車が多くて、気楽なサイクリングという雰囲気にならないような…

>> 続きを読む



2010年11月14日

岐阜の紅葉巡り

岐阜の紅葉巡り

どれだけの紅葉巡りができるのか分かりませんが、今回も岐阜エリアで紅葉サイクリングを楽しむことにしました。しかし、さすがに山ばかりの岐阜ですから、紅葉の名所が大量にあってどこに行こうか悩みます。

>> 続きを読む



2011年01月03日

足助のシュークリーム

足助のシュークリーム

今日は「目指せ獲得標高3000m!」のつもりでA氏と走り始めましたが、早々に「これはムリだ」となり、「せめて半分くらいは…」と思っても“土砂崩れの通行止め”などや、雪が残っていたり凍結していたりと、テンション大幅にダウン。

>> 続きを読む



2011年02月19日

ヒルクライム2本立ての予定でしたが…

ヒルクライム2本立ての予定でしたが…

冬場はブロンプトンやキャスパーで激坂遊びをしてきましたが、今シーズンのヒルクライム遊びに備えて“ロード”でベンチマークをやっておく必要があります。つまり、冬場に走りこんだ成果を確かめようというのが今日の走行の目的となりますが…

>> 続きを読む



2011年04月04日

「WH-7900-C24-CL」に換装しました

「WH-7900-C24-CL」に換装しました

「勾配12%を超えるヒルクライムコースを含む山間地160kmコース」のためにどうすれば良いのか? 昨年秋から検討していて、答えは既に用意してありましたが、パーツを購入するタイミングと実際の効果の裏付け…

>> 続きを読む



2011年04月05日

「WH-7900-C24-CL」の効果測定

「WH-7900-C24-CL」の効果測定

ヒルクライムをやる時にロードとアンティーコのどちらが良いのかは、ざっくりで「勾配8%」あたりに境界線があります。勾配がきつくなればなるほど「漕ぎ出しの軽さ」が有利になるわけで、勾配10%が長く続くコースでロードを使うとヒルクライムだけで脚が終わってしまいます。さらに勾配が16%を超えると脚へのダメージが非常に大きいため、ロードでヒルクライムをやる時にもう少し脚への負担を減らしたいものです。

>> 続きを読む



2011年04月13日

桜巡り2011ファイナル

桜巡り2011ファイナル

平坦区間で「平地を速く走る方法」を試行錯誤。なんとなく分かってきたような気がしますが、まだ何かが足りません。“6秒ルール”で速筋を使えば、筋肉痛にならない程度の負荷を掛けて走ることができますが、疲れることには変わりはありません。信号ダッシュの加速に関してはジテツウで取り組んでいる「勾配3%区間の上り」の方法を使うとスムーズに加速していきます。

>> 続きを読む



2011年04月17日

トレーニングの成果

トレーニングの成果

本日の「山間地トレーニング」と「山間地サイクリング」を走り終わって、感じたことは『練習は嘘をつかない』です。まだまだ貧脚ですが、1年前よりも確実に強くなっていることが分かりました。そして、すべきことが明確になってきたので、今シーズンはそれに取り組んでいきます。

>> 続きを読む



2011年04月24日

ようやく実現した「三河湾一周サイクリング」

ようやく実現した「三河湾一周サイクリング」

チャリンコ倶楽部のために昨年の夏に立てた企画ですが、諸事情などで延び延びとなっていた「三河湾一周サイクリング」をようやく実現することができました。

>> 続きを読む



2011年04月27日

激坂トレーニングコース

激坂トレーニングコース

昨年のヒルクライムの県外遠征の時はGIOSアンティーコを使いました。これはタイムよりも完走することが目的であって、漕ぎ出しが軽いミニベロならば激坂でも力尽きることなく上り続けることができるからです。しかし、山間地ロングライドの途中にヒルクライムがあると、ビアンキVNが良いのかGIOSアンティーコが良いのか悩むところです。「距離or高さ」のどちらを重要視するのか…

>> 続きを読む



2011年04月29日

ヒルクライム3本立て

ヒルクライム3本立て

多機能な「Garmin Edge 500」はとても便利です。特に山間地を走った後に「Garmin Training Center」で上り区間のデータをチェックしてみるのが楽しみになってきました。

>> 続きを読む



2011年05月03日

浜松エリアの「熊野の長藤」

浜松エリアの「熊野の長藤」

5月上旬の花といえば「ツツジ」と「藤」でしょうか。今日はチャリンコ倶楽部のJin君と200km超えのロングライドに挑戦してみますが、ただ走るだけでは面白くないため、浜松エリアの「熊野の長藤(行興寺)」を折り返し地点に設定して、浜名湖周辺で「うなぎ」を食べることにしました。

>> 続きを読む



2011年05月05日

鈴鹿3時間の目標値

鈴鹿3時間の目標値

5月末の「第2回スズカ8時間エンデューロ春SP」の「3時間ロード」に参加しますが、鈴鹿サーキットは多少のアップダウンがあるとはいえ、山間地よりは平野部を走るのに似ているかもしれません。そこで、現時点で平野部をどのくらいのペースで走れるのか把握しておくことで、当日の目標値(周回数)を設定可能。

>> 続きを読む



2011年05月08日

「アウトレットで買物」と「ノンストップトレーニング」

「アウトレットで買物」と「ノンストップトレーニング」

一週間前の天気予報では今日は「雨」となっていました。たまには家族とお出かけでもしようかと「土岐アウトレット」に行く約束をしました。ところが、なんと今日は「ドピカン晴れ」。いまさらお出かけ中止というわけにはいかないため、「土岐アウトレット」に行ってきました。目的もなく行っても面白くないため、“自転車遊び”に関連するものを物色することに…

>> 続きを読む



2011年05月12日

鈴鹿エンデューロ対策のパーツ

鈴鹿エンデューロ対策のパーツ

鈴鹿エンデューロ(3時間ロード)対策で注文したパーツが届きました。といっても鈴鹿のために必要になったのはリアスプロケット12-23Tだけで、その他のパーツは先日の大落車の影響でギシッギシッと鳴るようになってしまったので、その修理交換です。

>> 続きを読む



2011年05月14日

今年も茶臼山へ

今年も茶臼山へ

「シバザクラ」で有名になった茶臼山へ今年は完全自走で行ってみることにしましたが、一番の問題点は「伊勢神トンネル」をどのように回避するのか。さらに走行距離を減らすためにはどうしたらいいのか…

>> 続きを読む



2011年05月15日

高速列車に乗ってチタイチ

高速列車に乗ってチタイチ

鈴鹿3時間対策で「12-23T」を手に入れましたが、いきなりぶっつけ本番というわけにはいきません。昨日の茶臼山遠征は全般的に抑えて走ったため、今日もしっかり走れそうです。ツイッターで鈴鹿の練習のため知多半島を走りますと“めばる君”さんに投げかけたところ、いっしょに走っていただけることになりました。

>> 続きを読む



2011年05月16日

「CS-6700 12-23T」の「18T」は使い勝手が良い

「CS-6700 12-23T」の「18T」は使い勝手が良い

昨日の“チタイチ”の高速列車で役に立ったのが「18T」でした。この18Tは何故か「おいしいギア」と言われていますが、なるほど“列車”に乗って35km/h前後で巡航する時に一番適しているギアです。巡航速度が38km/hまで上がってもケイデンス110rpm、いきなり逃げられて気合で追いかけるのならばケイデンス120rpmで42km/hになります。逆に“まったり”で31〜32km/hならばケイデンス90rpm。“まったり”“巡航”“気合”をそれぞれケイデンスで対応できるので、「18T」は確かに使いやすいかもしれません。

>> 続きを読む



2011年05月18日

鈴鹿に向けてチェーンとペダルを交換

鈴鹿に向けてチェーンとペダルを交換

チェーンの寿命がどのくらいなのか、走り方や走る場所で結構変わるため「○○○○kmです」とは言えないようですが、私の場合は山間地ロングライドを頻繁にやっているとはいえ、高トルクで上っているわけではないため、長持ちする方だと思います。しかし、すでに5000kmを超えているため、近いうちに交換する必要があるのならば「鈴鹿3時間」というものもあることですし、チェーンを交換することにしました。それとペダルも。

>> 続きを読む



2011年05月21日

神社巡りの集大成

神社巡りの集大成

自転車での神社巡りの集大成として、三河国の一宮「砥鹿神社(とがじんじゃ)」、二宮「知立神社」、三宮「猿投神社」、四宮「石巻神社」を一日で全て回ることにしました。

>> 続きを読む



2011年06月03日

山間地トレーニング拡大版

山間地トレーニング拡大版

今までの山間地トレーニングコースを真剣に走ると1時間ちょっと。このくらいなら心身ともに全力に近い状態で走ることができますが、では2時間とか3時間ではどうかとなります。

>> 続きを読む



2011年06月05日

「3T ErgoSum Team」と「峠巡り」

「3T ErgoSum Team」と「峠巡り」

先日の鈴鹿でビアンキLupoDを使用したところ、相変わらずダンシングがしやすくて「やっぱりこれだよな」と気持ちよく車体を振ることができました。随分前から「ロードのハンドルを交換したい」と考えていたので、今シーズンの峠巡りのスタートに合わせてハンドルを交換することにしました。

>> 続きを読む



2011年06月09日

5個目のアリアンテ

5個目のアリアンテ

ニローネのパーツをあれこれ交換してきましたので、今回は破損したサドルを交換することにしました。購入したものは「フィジーク アリアンテ ガンマ K:iumレール」です。新品のサドルの「白」ってこんなに奇麗なんだと改めて感じた奇麗なサドルです。

>> 続きを読む



2011年06月13日

ヒルクライム遠征のために急きょ用意したもの

ヒルクライム遠征のために急きょ用意したもの

三泊四日で静岡・神奈川・山梨エリアのヒルクライムコースを走ってきました。走行レポートは後日作成しますが、今回の遠征のためにいくつか急きょ用意したものがあります。

>> 続きを読む



2011年06月23日

滝汗で本宮山ヒルクライム

滝汗で本宮山ヒルクライム

本日は午後から家族の用事があるため代休を取得。午後1時ごろまでは完全フリーのため、6時間くらい走れます。そこでジテツウトレーニングのベンチマークのために「本宮山ヒルクライム」をすることにしました。

>> 続きを読む



2011年07月08日

アヘッドのボルト

アヘッドのボルト

ニローネのアヘッドのボルトを交換することにしました。滝汗でヒルクライムをやったことで錆だらけです。

>> 続きを読む



2011年07月23日

愛知のヒルクライムと激坂遊び

愛知のヒルクライムと激坂遊び

「ロードで激坂を攻略する」さらに「激坂を単日で全て攻略する」という激坂遊びの極みに挑戦してみることにしました。これが成功すれば、県外遠征でどこに行っても大丈夫のハズです。

>> 続きを読む



2011年07月24日

県外遠征「岐阜の峠巡り」

県外遠征「岐阜の峠巡り」

静岡遠征は輪行の予定ですので、「ロードで輪行」の練習を兼ねて、今回はJR恵那駅まで輪行をすることにしました。

>> 続きを読む



2011年08月01日

2011年の静岡遠征第二弾

2011年の静岡遠征第二弾

6月の静岡遠征では、初日に「ふじあざみライン」、二日目に「富士山スカイライン」、四日目に「富士スバルライン」を予定していましたが、「大雨警報発動」により富士山スカイラインを諦めました。今夏中に「富士山スカイライン」を上り「富士山ヒルクライム3本」を完結させたいものです。

>> 続きを読む



2011年08月06日

 奥三河の峠巡り

奥三河の峠巡り

6時出発、18時帰宅、さらに獲得標高も稼ぐことができ、「峠」もより多く走ることができるコースは…

>> 続きを読む



2011年08月28日

夏の遠征第4弾は福井と岐阜です

夏の遠征第4弾は福井と岐阜です

改めて今年の夏を振り返ってみると「泊りの遠征」を隔週でやっていました。「7月16、17日 奈良、和歌山」「8月30、31日 静岡」「8月15、16日 長野」 そして、第4弾は「福井と岐阜」です。

>> 続きを読む



2011年09月10日

尾張国をぐるっと小回り

尾張国をぐるっと小回り

行き先を「山」というだけで、チャリンコ倶楽部のメンバーに参加拒否されるパターンが続いたため、たまには平地でもいいかと「ぐるっと尾張国周遊」を考えてみました。チャリンコ倶楽部からは、すでに200kmオーバーを経験している“Jin君”が参加表明。そして、途中までということで、チームめばるーずから“めばるさん”と“がくさん”。Jin君が“めばる列車”にどこまで乗っていけるのかがポイントでしたが、実は…

>> 続きを読む



2011年10月29日

ニローネのタイヤとサドルを交換

ニローネのタイヤとサドルを交換

鈴鹿エンデューロに備えてタイヤを交換します。使用するタイヤは“レース向き”という評判の「Michelin Pro3 Race」です。ロングライドには適さないようですので、あくまでも鈴鹿限定で使うつもりです。(ロングライドには4000Sを使います)

>> 続きを読む



2011年11月03日

山間地トレーニング「矢作ダムと大多賀峠」

山間地トレーニング「矢作ダムと大多賀峠」

今週の土曜日、いよいよ「スズカ8時間エンデューロ2011 秋」の6時間ソロを走るのですが、そのための最終チェックを兼ねてトレーニングをやっておきます。鈴鹿サーキット用にリアスプロケットを11-28Tから12-23Tに換装させ、鈴鹿のためのトレーニングとして5月の時と同様に「矢作川の河口からダムまでを往復」の予定でしたが…。

>> 続きを読む



2011年12月25日

45分でギブアップ

45分でギブアップ

どうやら今日の大掃除はないような雰囲気がするため、いつもなら「ちょっと走ってくる…」となるわけですが、「4週間で1000km+10000m」の最終クールは「キャスパーでジテツウトレーニング」と「ブロンプトンで観光サイクリング」のみで達成させるため、その他の方法で距離を稼ぐことはできません。よって今日は休走日となるのですが…。三本ローラーを試してみることにしました。実走ではないため、距離のカウントはいっさいしません。よって三本ローラーでどれだけ走っても自分ルールを破ることにはなりません。

>> 続きを読む



2012年02月26日

うなぎを食べに浜名湖へ

うなぎを食べに浜名湖へ

「岐阜の梅巡り」を予定していましたが、昨日の様子からすると、岐阜エリアも開花が非常に遅れていそうです。いまさら代替案をあれこれ検討する余裕はないため、ルートが分かりやすい浜名湖へ行くことにしました。タイミングよく、ブルベ200kmの開催日で、チームめばるーずの皆さんも参戦するとのこと。となれば途中で待ち伏せして、途中まで一緒に走ろうかなぁと思いついたのが実は不幸の始まりだったとは…

>> 続きを読む



2012年05月11日

ジテツウトレーニングの効果測定

ジテツウトレーニングの効果測定

ブロンプトンの遠征は先日の山梨遠征でしばらくお休み。といっても2ヶ月ほどですが。今週末から夏場に掛けてはロードを活用する期間となるため、その前に「冬場のジテツウトレーニング」の効果測定をやっておく必要があります。しかし、昨日から妙に体調不良でタイムアタックをしても期待はできそうもありませんが、とりあえずやってみることに…

>> 続きを読む



2012年05月13日

浜松餃子を食べに行こう

浜松餃子を食べに行こう

ひたすら山間地を走るとか、平野部なら200km以上走る場合にロードを使うことにしているため、ブロンプトンの遠征の休養期間はロングライド期間となります。そのロード解禁の第一弾として浜松市の名物になりつつある「浜松餃子」を自走で食べに行くことにしましたが、浜松まだのルートとしてはいくつか考えられます。国道一号をひたすら走るのが一番面白みに欠けるため、往路は山岳ルートで、そして食事後は“まったり”走るために平坦ルートを選択したのですが…

>> 続きを読む



2012年05月20日

ジテツウトレーニングで上りのパワーアップ

ジテツウトレーニングで上りのパワーアップ

ジテツウトレーニングの本来の目的そのものは「ブロンプトンの旅」に必要な脚力と体力の向上ですが、ロードで山間地ロングライドやヒルクライムにも結果的には役に立ちます。

>> 続きを読む



2012年05月26日

下呂まで自走で往復してみる

下呂まで自走で往復してみる

私には「夜間走行はしない」という自分ルールがあるため、明るくなってからスタート、暗くなる前にゴールという走行パターンになります。もともと「走行距離」そのものには拘りはなく、ロードを使う場合は、獲得標高、つまりどれだけ上れたのかに何らからの価値を見出しています。

>> 続きを読む



2012年05月27日

「じゃんだら輪」の山岳区間を走ってみる

「じゃんだら輪」の山岳区間を走ってみる

松平家のルーツをたどる「ツールドじゃんだら輪」が10月14日に開催されます。その走行ルートが公開されていたので、さっそくチェックしてみると、なんだか面白そうな雰囲気がします。昨日のロングライド(走行距離: 274.5km 高度上昇値: 2,412m)の疲れがあるため、筋肉解しを兼ねて軽く走ってみようかと、いつもより遅めの午前10時ごろスタート。平野部は走る必要がないため、「水源公園〜安城デンパーク」の区間をバッサリカットして山岳区間のみ走ります。

>> 続きを読む



2012年06月03日

田原坂ヒルクライムTT

田原坂ヒルクライムTT

主に“上り”の筋力アップを目的にジテツウトレーニングを続けてきました。段戸山ヒルクライムのタイムは大幅に向上しましたが、実は私が一番苦手としているのは「平均勾配5%程度」の緩い上りがひたすら続く「高速ステージ」のヒルクライムです。

>> 続きを読む



2012年06月09日

スプリントクライムを試してみる

スプリントクライムを試してみる

今日はスプリントクライムを試してみることにしました。下ハンを使って平地を走るように上っていきますが、勾配が6%を超えてくると負担を感じるため辛くなったらブラケットポジション、そして脚が回らなくなったらダンシングで乗り切ります。

>> 続きを読む



2012年06月10日

「田原坂」と「きららの森」

「田原坂」と「きららの森」

>めばるさんのMBK復活ライドのステージは「田原坂」と「きららの森」です。距離、獲得標高ともにいつもより随分と少ないため、休憩多めの“まったり”サイクリングのつもりでしたが…

>> 続きを読む



2012年06月14日

毎年恒例の茶臼山ロングライドですが

毎年恒例の茶臼山ロングライドですが

自転車遊びを再開して2年半でようやく「茶臼山」まで完全自走で往復できるようになりました。地道に続けていけばなんとかなるものです。それから1年経過した今年は距離と獲得標高とも20%増しのルートを設定して走ってみることにしました。

>> 続きを読む



2012年06月18日

平地巡航の切り札「WH-7900-C50-CL」を購入

平地巡航の切り札「WH-7900-C50-CL」を購入

「なんちゃってスプリンターならやっぱりステージはサーキットでしょ」という勢いで、富士チャレンジ200の100kmソロに申し込みしたものの、出場するからには少しでもテンションを上げたいものです。中年オヤジとしては「やはり機材でしょ」となるわけで、だからといってロードバイクを新調したりはしません。ブロンプトンの遠征に膨大な費用が掛かるため、所有台数をこれ以上増やすわけにはいきません。「だったらホイールでしょ。これならサーキットだけじゃなくて、平地のサイクリングでも使える」という無理やり理由を作って「ポチッ」としたものが届きました。

>> 続きを読む



2012年06月24日

「WH-7900-C50-CL」でロングライドとヒルクライム

「WH-7900-C50-CL」でロングライドとヒルクライム

本日が「WH-7900-C50-CL」のシェイクダウンとなるわけですが、近場の矢作川などの堤防道路を速く走れても当たり前すぎて面白くありません。そこで、あえて「WH-7900-C50-CLをロングライドで使えるのか」と「WH-7900-C50-CLをヒルクライムで使えるのか」を試してみます。両者とも「WH-7900-C50-CL」には適していないステージであることは承知の上のチャレンジです。しょせんは趣味ですから。

>> 続きを読む



2012年07月08日

段戸山と元気村ヒルクライム

段戸山と元気村ヒルクライム

今日は「チームめばるーず」の皆さんと坂を上って上ってどこまでもライドです。予定では茶臼山往復ルートだったようですが、私は距離よりも獲得標高を優先したいため、一本目のヒルクライムの後で離脱して、違うルートを走ることにしていましたが、午後からの天気が微妙のため、遠くまで行くのは危険ということで、茶臼山ルートはなくなり、さらに私のルートも最短ルートに変更…

>> 続きを読む



2012年07月21日

プチグルメライド知多編

プチグルメライド知多編

富士チャレ(100km)のために、平野部で100kmの高速巡航トレーニングを何度かやっておく必要があります。「WH-7900-C50-CL」に慣れる以前に走らせ方がまだ分かっていないため、午前中で完了できそうな「チタイチ」であれこれ試してみようかと。

>> 続きを読む



2012年07月22日

ツールド豊田ショートコース(激坂編)

ツールド豊田ショートコース(激坂編)

平成の大合併で広大な土地を手に入れた豊田市ですが、手に入れたのは「山」ばかりです。つまり豊田市内を走るだけで、距離200kmで獲得標高が3000m超というルートを簡単に設定することができます。「ふじあざみライン」対策で激坂トレーニングをやっておく必要があるため、距離を短めにして、勾配がキツイ区間をひたすら走るようなルートを設定してみました。

>> 続きを読む



2012年08月04日

苦行の聖地「ふじあざみライン」

苦行の聖地「ふじあざみライン」

「足つき無しで上りきること」が目標であり、タイムはあくまでもその結果ではありますが、いちおう目安として「90分」を設定。実際に走ってみれば分かりますが、「ふじあざみライン」は「ゆっくり上ればいいじゃん」というようなヒルクライムコースではありません。“ゆっくり”ではなく、倒れないように必死に上り続けるしかありません。

>> 続きを読む



2012年08月05日

“まったり”茅ヶ崎サイクリング

“まったり”茅ヶ崎サイクリング

「今日は“まったり”だよ〜」なんていう言葉は最初から信用していませんが、スタート直後からKIKUさんが爆走。二日酔い、睡眠不足、それからペダルとシューズの相性が悪いのかクリートを嵌めるのに時間が掛かり、あっと言う間に列車から遅れてしまう。もう朝から勘弁して。

>> 続きを読む



2012年08月11日

試練の路「加茂広域農道」アゲイン

試練の路「加茂広域農道」アゲイン

原因不明のまま「富士チャレ」に挑むのは精神的に良くないので、それなりのスピードレンジでの挙動を確かめておく必要があります。「交通量が殆ど無く見通しも良く路面状態が良い急坂の直線の下り」はどこかに無いものかと過去に走った場所をイメージング。はい、近場にもありましたね。それは「加茂広域農道」です。勾配10%前後のアップダウンがひたすら続く試練の場です。

>> 続きを読む



2012年12月16日

脂肪燃焼LSDのハズが疲労困憊に

脂肪燃焼LSDのハズが疲労困憊に

秋の遠征で増えてしまった体重がようやく戻りつつありますが、“もう少し”という段階で停滞中。食事制限などはせずに「たくさん食べてたくさん走る」を続けているため、そう簡単には脂肪は減っていきません。特にブロンプトンの場合は「補給を少な目にして走り続ける」というわけにはいかないため、週末のサイクリングで体重を減らすことは難しい状態。

>> 続きを読む



2013年05月23日

C24のセルフメンテとロードでジテツウ

C24のセルフメンテとロードでジテツウ

ショップを通じてSHIMANOに不具合の調査を依頼したC24ですが「タイヤが悪い」で片付けられて返却されてきました。ショップも「メーカーがそう言っているから」と特に何かしてくれた様子はなく、何も解決されていません。返却されたC24をパナモリにはめてみると、やはり調査を依頼した前と何も変わっていません。

>> 続きを読む



2013年05月26日

久しぶりの元気村TTで大幅にタイム向上

久しぶりの元気村TTで大幅にタイム向上

今日は毎年恒例の茶臼山に行こうかと考えていましたが、めばるーずの皆さんが元気村TTをやるという連絡をもらったため、そちらに便乗することにしました。過去の経験から、単独でTTをやっても気持ちの問題で追い込むことができず、TTに見合うような走りができません。「追いかける」目標の有無でヒルクライムのタイムは大きく変わってしまうものです。

>> 続きを読む



2013年06月02日

ジテツウトレーニングの効果測定2013

ジテツウトレーニングの効果測定2013

遠征の休養期間の梅雨時には、1年間のジテツウトレーニングの効果測定として「山間地トレーニングコース バージョンA」でベンチマークをやってみます。

>> 続きを読む



2013年06月08日

アタック・ザ・弁天島200km

アタック・ザ・弁天島200km

ざっくりと「速く走るためのロード」と「楽に走るためのロード」の二つに分けた場合、ニローネが前者で、パナモリ(ORC16)が後者に該当します。ORC16を購入した理由は「SR認定ゲットゲームであるブルベを無理なく楽に走るため」ですので、ORC16で速く走るつもりはありません。では、ニローネでブルベのコースを真剣に走った場合に、どのくらいのタイムでゴールできるのか気になります。自分の現時点の実力を知るためにも走っておく必要はありそう。

>> 続きを読む



2013年06月15日

心拍数が高まらない

心拍数が高まらない

今日は午後から雨予報になっているためロングライドができそうもありません。そこでヒルクライムありの100km程度走って昼飯前に帰宅できるようなコースにしようかと準備して出発。

>> 続きを読む



2013年07月20日

3Tのステムを購入したがボルトが…

3Tのステムを購入したがボルトが…

クロスのROMAはロードのニローネよりトップチューブが長いため、ドロップ化させる場合はステムを短いものに交換させる必要があります。ROMAのためにステムを購入するのではなく、ニローネのステムを新調して、ニローネのステムをパナモリへ、そしてパナモリのステムをROMAへ転用させます。パナモリには短めのステムを使いましたが、ちょっと近すぎる感じがします。そのうち交換するつもりでいたため、ステムのローテーションというわけです。

>> 続きを読む



2013年10月06日

グルメサイクリング「あんかけカツ丼」

グルメサイクリング「あんかけカツ丼」

6月の「アタック・ザ・弁天島200km」以降はロードには乗っていなかったため、いきなり激坂四天王と闘うよりは“まったり”サイクリングで身体を慣らしたほうがいいかなと予定変更。秀さん企画の「グルメサイクリング」に参加。

>> 続きを読む



2015年02月25日

3月のブルベの中部200と名古屋400は

3月のブルベの中部200と名古屋400は

先日の名古屋300御前崎の走行中に「アンティーコでスーパーランドナーを狙うことをやめた」と決断したことに変わりは無く、アンティーコからブルベ装備を外しました。ランドナーバーとダブルレバーでクラシカルな雰囲気になり、カラーがブルーとホワイトでまとめてあるため、これが私のアンティーコの完成形といえます。さらに見た目に拘れば、シートチューブ側のボトルケージと携帯ポンプは邪魔な存在ですので撤去するかもしれません。買い物に使わないのなら実用的なスタンドも要らないかもしれません。

>> 続きを読む



2015年02月28日

強風サイクリングとブルベ用のタイヤ

強風サイクリングとブルベ用のタイヤ

カーボンフレームの振動吸収性の良さがブルベで有利になるらしいのですが、タイヤでもそれは十分に可能であり、柔らかいホイールであるC24にクッション性が高いタイヤを使えば荒れている路面を走ってもなんとかなるような。タイヤの重さがどのくらい上りに影響するかはジテツウで十分に実感していますが、軽いホイールとの組み合わせなら致命的な状況にはならないハズ。

>> 続きを読む



2015年03月02日

山岳ブルベ中部200の準備

山岳ブルベ中部200の準備

AR中部さんが設定するコースは毎年さらに過激になっていくのは気のせいでしょうか。難易度を高くしても簡単にクリアしてしまう人が多いので、翌年は難易度がさらに高まるという過酷ブルベスパイラル。完走率が50%を切ればリセットされるのでしょうか。

>> 続きを読む



2015年03月12日

ニローネのヘッドをメンテナンス

ニローネのヘッドをメンテナンス

ハンドルを左右に振るとゴリゴリ。。。サドルを持って押し歩きすると、ハンドルが切られることなくどこまで直進します。ニローネを持ち上げて少し傾けてもハンドルが切られることがありません。ハンドルを回してもカクカクするため低速コーナーが非常に不安定で、先日の中部200では非常に難儀しました。明らかにヘッドパーツがおかしなことになっています。

>> 続きを読む



2015年03月15日

ヘッドパーツ交換で復活のニローネ

ヘッドパーツ交換で復活のニローネ

たまにはショップに頼ってみようかと、ニローネのヘッドパーツの交換が可能なのかA市の某ショップに連絡を取ってみました。「2010年 ビアンキ ニローネ」でネット検索すればヘッドパーツの型番は分かるハズですが、「ロードバイクのヘッドはいろんな規格があるので、とりあえず持ってきて」という雰囲気。ショップに頼らない理由は「ショップに行くのが面倒」だからです。何度も通う暇はないため、ショップに行く回数は1回で終わらせたいところです。パーツの確認のために行く、パーツが入荷したらロードバイクを持っていく、修理が終わったら引き取りに行く。などと3回も行く余裕などありません。

>> 続きを読む



2015年04月05日

ビアンキニローネは暫く休眠に入ります

ビアンキニローネは暫く休眠に入ります

カスタマイズは好き好んでやりますが、現状維持のためのメンテナンスは面倒に思えて洗車など殆どしません。パーツもかなり汚れています。そのことで、先日の「ヘッドパーツの件」という哀しいことになるのですが、ワイヤーを外してみるとワイヤーも錆びていました。メンテナンスすらせず、乗らずに放置するとダメですね。

>> 続きを読む



2015年08月27日

ポタロード「ニローネ フラットバー」組立編

ポタロード「ニローネ フラットバー」組立編

パーツを外されインテリアになってしまったビアンキニローネ。そのうちLupoDがヘタリ、さらにROMAにもヘタリがきたらニローネをジテツウ用途に組み立てようかと考えていましたが。。。

>> 続きを読む



2015年09月01日

ポタロード「ニローネ フラットバー」仕上編

ポタロード「ニローネ フラットバー」仕上編

注文しておいた「TOGS(トグス)」が届いたため仕上に取り掛かります。単なるプラスチックの小さなパーツの「TOGS(トグス)」ですが、価格はなんと驚きの3690円もします。見た目だけで判断すると500円くらいかと思えてきます。大手メーカーが大量に生産すれば500円も可能かもしれませんが、超ニッチなパーツだけに高額になってしまうのは仕方ありません。3Dプリンタを持っている人なら自作できそうです。

>> 続きを読む



2015年09月10日

ポタロード「ニローネ フラットバー」改善編

ポタロード「ニローネ フラットバー」改善編

完成した「ニローネ フラットバー」ですが、試走の印象としては「トルクが逃げる感じがする」です。最終形態になったアンティーコの場合は腕の引きと脚の踏み込みが上手く同調するのか、トルクを掛けただけ進むような感覚があります。フラットバー化させたニローネにそれが無いのは何故なのでしょうか。

>> 続きを読む



2015年09月17日

ポタロード「ニローネ フラットバー」完成編

ポタロード「ニローネ フラットバー」完成編

フラットバー仕様にした直後に感じた「思うように進まない」は解消されて、とても軽快に進むようになったポタロード「ニローネ フラットバー」です。ブルベの300kmくらいはこれでいけるかもしれません。

>> 続きを読む



2015年09月29日

バラは早くてコスモスは遅い

バラは早くてコスモスは遅い

下山からの帰路なら少しルートを変更すれば奥殿陣屋に立ち寄ることができます。ここのバラ園には過去に何度も訪れていますが、今年はなんだか雰囲気が違います。なんと9月29日の時点でバラの見ごろが過ぎています。どういうことなのでしょうか。

>> 続きを読む



2015年10月07日

ポタロード「ニローネ フラットバー」ライト編

ポタロード「ニローネ フラットバー」ライト編

日が短くなり、帰宅時は当然ながら真っ暗です。市街地を走るのならそれほどライトに拘る必要はありませんが、会社周辺の山道は暗闇のダウンヒルのため強力なライトが必要です。さらに堤防道路は闇夜のカラス状態の人が散歩しているため、結構な頻度でドキッとさせられます。

>> 続きを読む



2015年10月08日

ポタロード「ニローネ フラットバー」スタンド編

ポタロード「ニローネ フラットバー」スタンド編

ジテツウで問題になるのが「駐輪」ですが、自転車よりもバイクのための駐輪場という位置づけになっているため、自転車にスタンドが必須になります。以前、管理部門に3000円程度で購入できる「アイリスオーヤマ スタンド 自転車 BYS-3 ブラック」の設置を依頼しましたが、即行で却下されました。2台分のスペースに3台駐輪できるのですから一石二鳥だと思うのですが、会社というところは融通が利かないものです。

>> 続きを読む



2015年10月13日

中華ライトをジテツウで再利用

中華ライトをジテツウで再利用

先日、フラットバー仕様にしたニローネをジテツウで使うために中華ライトを装着しました。モバイルバッテリーを使っているわけですが、モバイルバッテリーにも寿命があります。せっかくブルベのために買ったモバイルバッテリーをジテツウで酷使してはもったいないという貧乏性炸裂です。

>> 続きを読む



2015年10月31日

一石二鳥の携帯ポンプ「ミニロケット iグロウ」

一石二鳥の携帯ポンプ「ミニロケット iグロウ」

ROMAで使っていた携帯ポンプを落下紛失しました。しかし、まだ4本(+2本)あるので買い直す必要は無いのですが、趣味と言うものは適当な理由を付けてあれこれ買ってしまうものです。商品が発売された当初に目を付けていましたが、それこそ「また増やすのか」ということもあって自粛していたものを勢いでポチッして届きました。

>> 続きを読む



2016年02月25日

固定ローラー仕様のニローネ

固定ローラー仕様のニローネ

昨年末から弟に「そろそろ自転車を始めたらどうだ」と勧めてきたわけですが、なかなか自転車を趣味にしようとは思わないようで、「ロードバイクを引き取ってもらおう」という作戦は上手くいきません。

>> 続きを読む




ミニベロおやじ@悠遊写輪のトップページに戻る