サイトマップ  HOME

ミニベロおやじ@悠遊写輪

ブロンプトンで観光ポタリング 2017年

折り畳みの旅自転車「ブロンプトン M3L」を酷使して雨にも嵐にも負けない「修行僧」のように日本全国を旅します。→ 「ブロンプトン」で日本全国制覇の旅

オヤジ日記から「ブロンプトン」の旅自転車化計画を抜粋したものを転記します。

2017年01月03日

ツーリング自転車大集合

ツーリング自転車大集合

懐かしのランドナーやスポルティーフが集まるイベントのアナウンスがあったため、少しだけ参加することにしました。参加条件は「泥除け装備」らしいので、フルカバーの泥除けがついているブロンプトン初号機を1年半振りに袋から取り出して軽くメンテナンス。

>> 続きを読む



2017年02月03日

沖縄旅行2017に揃えてブロンプトンの準備


昨年の沖縄旅行は天気が崩れる予報だったためブロンプトンを持っていかず、退屈な旅行になりましたが、今年の天気はどうなのでしょうか。

2015年3月の石垣島へ向かうフライトでナビのマウントが破損して使えなくなりました。小さい島をぐるぐると周るだけですからナビがなくてもそれほど困りませんでしたが、帰宅してからすぐに代用品をポチッしました。それから2年間はいろいろあってブロンプトンの遠征を組め込めていません。


今年の正月休み中にブロンプトン初号機のメンテナンスを軽めにしましたが、2015年3月の時に比べてブレーキの効きが非常に悪くなっています。毎年恒例の沖縄旅行に備えて、ブレーキシューの交換をしようかとストック箱をゴソゴソ漁りますが発見できません。在庫をしていたはずですが行方不明…。急ぐ場合はヨドバシオンラインを使うことにしていますが、ブレーキシュー単体のものは欠品中のためブレーキシューセットを2セット注文。


「BR-6800 [R55C4 ブレーキシューセット Y8LA98030]」を2セット注文したのに明細は2行に分かれていたため不思議でしたが、どうやら出荷ロットの違いのようです。新しいロットのものは対応品の型番が増えています。


「R55C3(BR-6700)」と「R55C4(BR-6800)」のカートリッジの違いは色味しかないような気がするので、今回は余分な出費でした。ブレーキシューだけなら価格は三分の一くらいです。

ナビのマウントの代用品として選んだものは「BMWORKS Slim3 Mサイズ」です。ソニーのナビを雨中走行で2回も壊したことがあるため、防水機能があるカバーが欲しかったのです。実は随分前にも似たようなものを買いましたが、単なる防水カバーであってマウント機能が無いためボツネタにしたこともあります。

「BMWORKS Slim3」の仕様ではMサイズの寸法が140mm×88mmになっているため、ソニーのナビがちょうど収まるはずです。


さっそく入れてみますが、残念ながらギリギリアウトです。Slim3を選んだ時にナビの高さを考慮しなかったことが敗因です。ムダな買い物をしました。


商品説明通りにスマホを入れてみましたが、通常はこれでいいのかもしれません。ソニーが自転車専用ナビから撤退した理由が「スマホで代用できるため」ですから…

しかし、「幹線道路を走るだけ」とか「時間を気にせずにぶらぶら」ならスマホのナビでも良いのかもしれませんが、裏道を駆使した複雑なルートを設定してモレなく走りきる場合は、走行ルートを表示させたナビは大いに役に立ちます。

さて、どうしたものか。

2011年 : ブロンプトンで飛行機輪行
2014年 : 宮古島と沖縄本島
2015年 : 26年越しの八重山諸島の旅
2016年 : 沖縄旅行2016


2017年02月04日

ブロンプトンの旅で「ナブ・ユー」をまだ使うのか


ソニーのナブ・ユーをブロンプトンの旅で使ってきましたが、マウントアダプターについては純正品から始まりあれこれ試してきましたがどれもすぐに壊れました。1年間壊れずに使えたものはありません。石垣島へのフライトで取扱いに難があったのか、マウントアダプターが完全に壊れてナビを使うことができませんでした。幸いにも八重山諸島の島々は小さいため迷子になることはなく、宿も連泊で確保していたためなんとかなりましたが、帰宅してからポチッしたもの…


ナブ・ユーの縦横の寸法からすればMサイズがちょうどいいはずですが、全く入りません。高さというか厚みが考慮されていません。ここで諦めれば良いのですが、悔しいのでポチッ。


[正規品] 【BM WORKS】 SLIM3 (黒, L) 《自転車用 スマートフォン ホルダー》


カタログ値では、Mサイズが140×88mm、Lサイズが155×102mmですので、見た目通りLサイズは大きいです。これならナブ・ユーが余裕で入るハズですが、なんと!


すんなり入りません。無理やり押し込んでみましたが、素手で取り出すことができないため、電源のオンオフができません。困ったものです。


沖縄旅行に備えて試走をしますが、あいにく冬の爆風です。いつもの川沿いの遊歩道は強い向かい風のため時速18kmしか出ません。猿投神社までの往復を予定していましたがとても無理です。


最初にスマートフォンホルダーの「Mサイズ」を選んだ理由はハンドルのスペースがあまりないためです。「Lサイズ」にしたことでさらにごちゃごちゃしています。要改善ですが、沖縄旅行が間近ですから今回はこのままで行きます。


予定を変えて「つどいの丘」にやってきました。今年の名古屋ブルベはここが起点になるのです。


序盤のコースをQシートを見ながら少し走ってみますが、偶然にも今年の正月に走ったコースと殆ど同じです。ただし、単独なら良いのですが、以前よりもブルベ渋滞すること間違いなしです。ブルベ渋滞が嫌な人はスタートダッシュして序盤の下り区間で大差を付けて逃げましょう。コンビニがある交差点の右折、いつも渋滞する平戸橋、私は避けている平成大橋を渡った後の市街地区間、渋滞を抜けて水源公園周辺、岡崎市に入って再び渋滞ポイント。先行するか開き直って最後尾で行くか。

途中で体調が悪くなってきたため早々とコースアウトして帰宅。距離47.0km、獲得標高425m、アベレージ20.0km/h。


ナブ・ユーの出し入れをもう少しなんとかならないものかと、ナブ・ユーのゴムカバーを少し削り取ってみましたが、多少はマシになった程度でまだキツイです。


2017年02月11日

那覇の桜巡りサイクリング2017

那覇の桜巡りサイクリング2017

毎年恒例の沖縄家族旅行ですが、1回目の時は天候に恵まれてブロンプトンでそこそこ走ることができ、2回目の時は天候不順の予報だったため自転車無し、そして3回目の今回は全日とも曇り予報でしたのでブロンプトンを持ってきましたが…

>> 続きを読む



2017年02月20日

ブロンプトンで使うナビの固定について


沖縄家族旅行の時に予定していたコースはシンプルなものにしていたためナビを持っていきませんでした。しかし、強風で当初の予定を大幅に変更して那覇市内の桜巡りをしましたが、土地勘がない場所ゆえに標識を見ても行き先が「?????」になってしまいました。大きな交差点で地図を広げてチェックしてみると「あっ行き過ぎている」となったことが何度もあり、ナビの必要性を感じました。

折り畳みに干渉せずにナビを上手いことマウントさせるため、あれこれと買ってきましたが、どれも短期間で壊れてしまうのが難点でした。


雨中走行でナビを2回壊したことがあるため、防水対策も兼ねて「BM WORKS 自転車用 スマートフォン ホルダー」を買ったわけですが、ナビが見える場所に装着すると折り畳みに干渉します。


六角レンチを使わずになんとかならないものか…。要するに折り畳む時に道具を使わずにネジを緩めることができればいいのです。


ということで思いついた方法が蝶ネジです。1個あれば良いのですが、バラ売り1本というのもなかなか無いもので、現物合わせでやるため2種類注文。

鉄/生地 冷間蝶ボルト [2種]M5 × 15 【 バラ売り : 10本入り 】 393円
ナイロン 蝶ボルト [中] (白)[ねじ部:鉄/三価ホワイト] M5 × 15 【 バラ売り : 4本入り 】 453円
送料290円

現物合わせで使ったネジは「鉄/生地 冷間蝶ボルト M5 × 15」です。


走行中はここにナビがあります。


マウントを外すのではなく、ネジを緩めて棒ごと引っこ抜きます。これなら飛行機輪行中にマウントが壊れるということもなくなります。


このままバッグに放り込んでも良いし、邪魔ならマウントから外します。


折り畳んでみました。上手いこと隙間に収まっています。(※写真では分かりにくいですが)

ということで、次回の遠征からはナビを再び使います。


2017年02月27日

ブロンプトンで使う背負えるバッグ


数日間続くブロンプトンの旅では「Cバッグ」を使ってきました。天候不順の時とか防寒具が必要になる場合は、軽量リュックも使いましたが、軽い物しか背負わないため、全く気になりません。遠征を続けていけば必然的に装備も最適化されていき、本当に必要なものを走りに影響しない形で運搬できるようになりましたが、ひとつだけどうしても解決できなかったことがあります。

それは「輪行の時の荷物の運搬」です。ブロンプトンを入れた袋は左肩に掛けます。そしてCバッグは右肩に掛けますが、荷物満載の状態では不安定すぎるため、Cバッグを右手で持つことになります。両手とも自由にならない、狭いところを通るのに苦労する。軽量リュックはクッション代わりにブロンプトンといっしょに袋に入れるため、Cバッグさえ背負うことができたら右手はフリーになるのです。

理想的なバッグはブロンプトンのフロント・キャリア・システムで使うことができる背負えるバッグです。お金持ちならオーダーメードで手に入れるかもしれませんが、庶民にはせいぜい2万円までです。

何か良い方法はないものか。

まずは「肩掛け」と「背負える」という2WAYバッグを探してみましたが、キャリア・フレームにどうやって固定するのかが大きな壁になります。

現物を見ずに買うため、ダメだった場合は違う用途で使えるものである必要もあります。(自転車倉庫には結局使い道が見つからず放置したバッグが大量にありますが…)

あれこれ探してみて「これは!」というものがあったためポチッ!!


モンベルのトライパック30と撥水スプレーです。


肩掛けベルトを使うのが基本形なのか、全く違和感がないデザインです。


収納されている背負いベルトをひっぱり出すとリュックになります。このバッグは空重量が1370gもある頑丈な作りをしていますが、それだけ重いと背負って走る気にはなりません。この時点でダメだと分かれば、普通の旅行で使うバッグの役目になります。


肩掛けベルトを収納してもう一度眺めてみると「あっこれは!」と良い事に気が付きました。


未だに出番がないリンプロジェクトのフロントバッグと比べてみても、トライパック30は収納量が多そうです。Cバッグからキャリア・フレームを外すのは手間ですので、Sバッグ用キャリア・フレームで試してみます。


なんと驚くことにトライパック30とSバッグ用キャリア・フレームの相性が非常に良い。なんだか思いのほか上手くいきそうな雰囲気です。


ブロンプトン初号機にカチャッと装着。Cバッグより小さいですが、見た目は全く違和感がありません。


4点のベルトで固定されているとはいえ想定外の使い方になるため、なんらかの補強が必要かもしれませんが、トライパック30をブロンプトンのフロントバッグとして使えそうです。


2017年04月25日

残された宿題のために沖縄へ

残された宿題のために沖縄へ

「ブロンプトンで日本一周」を達成した後は離島巡りがメインの遠征ネタになっています。ならば沖縄本島北部に行ったついでにその辺りの離島に行きますか。しかし「離島に行く」ことだけを目的にはしたくありません。何かしらのネタが必要です。

>> 続きを読む



2017年04月27日

天気に翻弄された沖縄本島北部サイクリング

天気に翻弄された沖縄本島北部サイクリング

那覇市から本部港までバスで移動して午前9時のフェリーで伊江島へ。ぐるっと伊江島を観光ししてから午後1時のフェリーで本部港に戻って、本部半島を周って国頭村へ。そして翌日は沖縄半島の最北端まで走り天候と体力次第でルートを選んで名護市へ。このように予定を組んでいましたが、週間天気予報が外れることはなく本日の降水確率は100%です。

>> 続きを読む



2017年04月30日

何もないという贅沢「与論島」サイクリング

何もないという贅沢「与論島」サイクリング

今回の沖縄遠征の前半で北部エリアをクリアしたため沖縄本島はコンプリートでしょうか。後半は映画「めがね」のロケ地である「与論島」を走ります。映画「めがね」によると「何もない」らしいのですが本当に何もないのか、それとも何かあるのか。

>> 続きを読む



2017年05月02日

「がじまる食堂の恋」ロケ地巡りサイクリング

「がじまる食堂の恋」ロケ地巡りサイクリング

沖縄本島北部を走る場合の起点は名護市になりますが、名護市には過去にブロンプトンで2回、レンタカーで1回立ち寄っています。しかし、単に宿泊地にするというのはもったいないため、新しいネタを探してみたところ、名護市を舞台にした映画があることが分かりました。その作品の主演は朝ドラの「あさが来た」の波瑠さんです。

>> 続きを読む



2017年05月03日

映画「めがね」ロケ地巡りサイクリング

映画「めがね」ロケ地巡りサイクリング

与論島のことを調べてみると映画「めがね」の舞台になっていることが分かったため、出発直前にDVDを購入して視聴しました。もし映画を観ずに与論島に行ってしまうと現地で「うわっ何もない。退屈すぎる」となるところですが、映画を観たことで「何も無いことを体感してそれを楽しむぞ」となったわけで、映画「めがね」の「何が自由か、知っている。」が意味するものを肌で感じるというわけです。

>> 続きを読む



2017年06月26日

ブロンプトンで豊田市ウオーキングコースを巡回

ブロンプトンで豊田市ウオーキングコースを巡回

先日「マイナンバーカード」を受け取りに豊田市役所に行ったときに、楽しそうな資料「豊田市ウオーキングコース」を見つけました。パラパラと眺めてみると市内のあちこちにウオーキングコースがあるみたいです。

>> 続きを読む



2017年07月02日

北海道を走るならSPDペダルが必須かもしれない


「毎年夏は北海道」の予定が2015年、2016年は行くことができなかったため、3年振りの北海道自転車旅行になります。2013年、2014年の「ブロントンで日本一周」で北海道を走った時は1日当たりの距離が非常に長いため、走り続けるためにSPDペダルは必須でした。「ブロントンで日本一周」を終えた後は離島巡りがメインになったため、フラットペダルにハーフクリップを付けた“まったり”仕様にしました。“まったり”サイクリングの場合は散策が多くなるため、ジョギングシューズを使うわけですが、自転車でジョギングシューズを使うと致命的な欠点があります。

メリットとデメリットを天秤にかけて、さてどうしましょうかとなるわけです。今月の道東エリアのルート決めで一番苦労した点は、いかに距離を減らすのか。平坦だけなら多少距離が増えてもなんとかなりますが、地図上では平坦に見えても実は結構長い上りというワナがあちこちにあるため、ぐるっと回るなら時計回りにするのか反時計回りにするのか、それも重要です。日本一周の場合は繋ぎの都合上、一日中上り続けて最後の1時間だけひたすら下り続けたという遠征もあったため、繋ぎを無視できる遠征なら、走りやすい方向を選べます。


そんなこんなで数多く考えて、最終的に決めたのがこのルートですが、問題は“まったり”仕様でいいのかどうか。

ということで、最終確認のために「ひたすら平坦+プチヒルクライム」のコースを走っておきます。


雨予報だった昨日ですが、なぜか晴れ間が見えたため、昨日はROMAで少し走りました。今日はそのコースを延長させたようなもので、平坦区間は退屈そのものです。


ちなみに昨日は蓮の花めぐりをしましたが、今年の蓮は早いかもしれません。次の週末がピークのような気がします。


今年は伊賀八幡宮の蓮も綺麗に咲きそうです。


ひたすら走り続けてやってきた場所は「三ヶ根山」です。激坂ではないため、「遠征先でよくあること」と同じ雰囲気の上り区間になります。ここを苦労なく上ることができるのか。それを確かめるのが本日の目的です。平坦区間をひたすら走り続けただけで脚の疲労が酷いため、上り始めて1kmも経たずに苦行になってきました。

ジョギングシューズの欠点は底が柔らかいことです。歩くには良いのですが、自転車のペダルとは相性が最悪です。それでも、後ろ乗りで踏み出すようにすればなんとかなりますが、上りは前乗りが基本であるため、シューズのせいでパワーロスが酷すぎです。さらに立ち漕ぎができません。


途中で2回も小休憩をとってようやくゴール。既に疲労困憊で、Uターンして家に戻るのも気が重いです。ここで「こんなことがあるとは」というミラクルが。なんと、某ショップの朝練に参加している“ざわこさん”と、私の1.5倍のスピードで走る“恵壱さん”に遭遇。リアルに会うのは2年ちょっと振りでしょうか。この暑い中、滝汗で三ヶ根山を上る人たち…

ほぼノンストップだった往路に比べて、ヘロヘロ状態の復路はまさに苦行です。途中で2回も大休憩を取ってなんとか帰宅。そして、涼しくなってからSPDペダルに交換。


北海道を走るなら熊除けが必要ですが、最近は熊除け鈴などはあまり効果がないらしいです。そこで投入するのは音楽プレイヤーです。ひたすら走るときに使っていたものですが、北海道の山を走るときは大音響の音楽が最強の熊除けになります。


追加注文しておいたチューブも届きました。


そして、北海道を走るならこのカードも必須です。

今の時期の道東の気温は愛知県より10℃ほど低いので服装に悩みますが、重ね着でなんとかするしかありません。


2017年07月08日

ブロンプトンの旅2017道東編「女満別空港〜浜小清水」

ブロンプトンの旅2017道東編「女満別空港〜浜小清水」

2017年の道東の旅の初日は女満別空港から映画のロケ地をあちこち立ち寄りながら小清水まで走ります。初日のメインイベントは「映画で主人公が食べたカレーライスを同じ席で食べる」ですが、さてどうなりますか。

>> 続きを読む



2017年07月09日

ブロンプトンの旅2017道東編「浜小清水〜摩周〜阿寒湖」

ブロンプトンの旅2017道東編「浜小清水〜摩周〜阿寒湖」

景色が全く変わらない中をひたすら上るというのは精神的に疲れ、バイクの人たちが気持ち良さそうに走り抜けていく様子を見るたびに、北海道は自転車で走るには広すぎるとつくづく感じます。荷物満載のブロンプトンで獲得標高が1000mを超えると少しばかり休憩を取っても筋力が回復することがないため、遠征二日目は久々に疲れ切った一日になりました。

>> 続きを読む



2017年07月10日

ブロンプトンの旅2017道東編「阿寒湖〜釧路〜標茶」

ブロンプトンの旅2017道東編「阿寒湖〜釧路〜標茶」

上りの距離と斜度を考慮して「釧路→阿寒湖」を「阿寒湖→釧路」に変更しました。「釧路→阿寒湖」で良いのなら「中標津」にも立ち寄れたのですが、ひたすら上りが続く「釧路→阿寒湖」を回避することをギリギリになって選択は正解だったのでしょうか。

>> 続きを読む



2017年07月11日

ブロンプトンの旅2017道東編「標茶〜美幌峠〜美幌」

ブロンプトンの旅2017道東編「標茶〜美幌峠〜美幌」

川湯温泉から屈斜路湖を周るルートを諦めたら、かなり時間に余裕を持てるため、雨が止むまでどこかで退避という案もあります。ということで、雨雲レーダーをチェックしながらの進行が正解でしょうか。

>> 続きを読む



2017年07月12日

ブロンプトンの旅2017道東編「美幌〜網走〜女満別空港」

ブロンプトンの旅2017道東編「美幌〜網走〜女満別空港」

網走湖周辺は普通にキタキツネが生息しているのか道路を横切っていきます。2013年に紋別から網走まで走った時は雨の網走湖でしたが、今回は静かな網走湖を眺めることができました。今回も雨予報だっただけに、網走湖とは相性が悪いかと思っていましたがそうでは無かったようです。

>> 続きを読む




ミニベロおやじ@悠遊写輪のトップページに戻る