サイトマップ  HOME

ミニベロおやじ@悠遊写輪

ミニベロ初号機「ブルーノ ミニベロ 16 ロード」でポタリング Vol.1

「ブルーノミニベロ16ロード」の走行レポート一覧


ここからはオヤジ日記から「ブルーノミニベロ16ロード」のパーツ交換に関する記録を転記します。

2008年11月2日

昔を懐かしんでの自転車遊びですが、リスタートに相応しい自転車を探し、本日ようやく手に入れました。(注文してからの一週間が待ち遠しかったです)

某市の自転車屋さんまで自宅から車で約1時間ほどの距離。ワクワクドキドキしながら車を走らせました。

さっそく自転車屋さんで“ご対面”。予想以上に実物はプリティでした…

40過ぎのオヤジには不釣合いかもしれないけど、まあいいか。

予定では、前後の車輪を外せばアルテッツァのトランクに入る予定でしたが、なんと入りません。自転車屋さんの店主さんに手伝ってもらいましたがギブアップ。とりあえず後部座席に押し込んで帰宅。(途中、デンパークに寄り道したため帰宅は夕方近くですが)


で、トランクを空っぽにして再度収納にチャレンジしてみたところ、ピッタリ収まりました。


購入した自転車は「ブルーノ ミニベロ 16 ロード」です。


浦島太郎状態のため勉強不足ですが、スイスのメーカーなんですね。


エンブレムもカッコいいですね。


サドルを交換するつもりでしたが、ロゴ入りとなるとこのまま使った方がいいかも。


自転車屋さんのステッカーです。お世話になりました。これからもよろしくお願いします。

今日のところはここまで。

2008年11月03日

ミニベロおやじ パート2

ミニベロおやじ パート2

雨雲が漂う曇り空でしたが、「ブルーノ ミニベロ 16 ロード」の試乗を兼ねて近くのサイクリングロードを走ってみました。今回走ったルートは「豊田安城サイクリングロード」の某地点をスタートに北上。ときどき記録目的で自転車の記念写真。この行為(記念写真)は30年前にやっていたことと同じです。

>> 続きを読む



2008年11月05日

ミニベロおやじ パート4


自転車を受け取りにいったときにアイテムをいくつかいっしょに購入しました。自転車購入金額の10%分をアイテムの購入額から値引きをしてもらえたので、それで浮いた予算で何を買おうか帰りの車中で思いを巡らせ、帰路で立ち寄れる2件のホームセンターであれこれ買い物。


ボトルケージ、フレームカラーに合わせて水色を選択。これがあれば“サイクリング”らしくなるでしょ。


空気入れ。出先でパンクした場合に必要になります。


たぶん使うことはないけどフロントライト。このタイプが流行らしいです。


テールランプ。標準でリフレクターが付いていましたが、これに交換しました。


同僚のお勧めのサイクルメーター。非接触型だから抵抗になることはありません。これが2000円ちょっとで買えるとは時代は変わりましたね。


その他もろもろ。ミニツール、コイルロック(180cm)、パンク修理セット、ズボンクリップ、ポリボトル。
近所のホームセンターで購入した日本の国旗柄のポリボトルはちょっと恥ずかしいかも…

ミニベロ16ロード + 以上のアイテムで 計69188円

なんとかスターターセットが7万円で収まりました。二十数年前の物価水準を考慮すれば、以上のものを現在7万円で揃える事ができるというのは“格安”だと思います。


2008年11月09日

ミニベロおやじ パート7

ミニベロおやじ パート7

今回は豊田市中心部をポタリングすることにしましたが、自宅から市中心部までは結構な距離があるため「移動目的」での自転車は楽しくありません。そこで「豊田安城サイクリングロード」を一部使うことを前提で「昆森公園」まで車で移動。

>> 続きを読む



2008年11月20日

GX200でスナップ「小原の四季桜」

GX200でスナップ「小原の四季桜」

昨年に引き続き、今年も豊田市小原地区の四季桜を観に行ってきました。2004年は「小原ふれあい公園」、2007年は「薬師寺」で撮影したため今年はどこにしようか公式サイトを見ながら検討したところ、「四季の回廊」を使って桜巡りをするのが楽しそうです。「どうせなら自転車で周ってみようか」と一石二鳥のお出かけとなったため、撮影がメインというよりも自転車で周りながら気軽にスナップ撮影となります。ということで撮影機材は「GX200」だけの超軽装備です。

>> 続きを読む



2008年11月29日

晩秋の「奥殿陣屋・真福寺・岩津天神」

晩秋の「奥殿陣屋・真福寺・岩津天神」

今日は岡崎市の北エリアで紅葉撮影を楽しみました。自転車での移動のため撮影機材は今回も「RICOH GX200」だけという超軽装備です。近くに三河地区最大の紅葉スポット「香嵐渓」があることが幸いしてか、他の紅葉スポットに一般の観光客が訪れることは少なく、のんびりと紅葉を観賞&撮影を楽しむことができます。

>> 続きを読む



2008年11月30日

晩秋の丈山苑とXmasバージョンのデンパーク

晩秋の丈山苑とXmasバージョンのデンパーク

今日の天気予報は曇り。空を見ると雲が漂っていますが青空も見えているため、午前中はなんとかなりそうということで、今日は安城市内を自転車で走ってみました。往路はサイクリングロードの終点まで行き、復路で「丈山苑」と「デンパーク」に立ち寄って写真撮影を楽しみました。撮影機材は今回も「RICOH GX200」だけです。

>> 続きを読む



2008年12月09日

ミニベロ16ロードのペダル


ミニベロ16ロードを購入してから何回かプチツーリングをしましたが、どうしても気になる事があります。

それは…


ペダルです。これは左側のペダルの表(?)です。

で、裏はこうなっています。

写真では分かりつらいのですが、真ん中が膨らんでいてこちら面は使えません。


この突起物を靴の裏底でひっかけて反転させます。

なんでこうなっているのかというと、アレを付けろということです。

そうこれです。

ペダルクリップです。(これは右側のペダルです)

通販で買いましたが、それほど高いものではありませんね。
TIOGA(タイオガ) パワークリップ2 890円
TIOGA(タイオガ) クリックフリック2 610円

「ミニベロ16ロード」ってロードだから付けるのが当たり前ということなのでしょうか。だったら標準で付けておいて欲しいですよね。

もしペダルクリップを付けないのなら、ペダルを交換したほうが漕ぐのに疲れないと思います。

ところでこの手のアイテムは30年前なら普通に手に入ったものですが、なぜかロード専門店に買いに行っても店頭在庫はありませんでした。売れないから在庫していないと言われましたが、なんか不思議ですね。地方の自転車屋ではそういうものなのでしょうか。


2008年12月11日

ミニベロ16ロードのタイヤを…


購入直後から何度もこの話題を取り上げていますが、私にはミニベロ16ロードのタイヤが細過ぎるのです。ウエイトを降ろすには長期計画が必要で、その間ずっとパンクの心配をしながら乗るのもツライです。

もう一点、いろいろと考えることがあって「ミニベロ16ロード」からロードぽさを消してポタリング車にしていく予定です。

以上の2点からまずはリアタイヤを替えてみることにしました。

用意したものは…

パナレーサー(Panaracer)FDパセラリフレクト 16x1.5 2220円
SCHWALBE(シュワルベ)チューブ仏式バルブ 16x1.5 661円

1.25から1.5にすることで、ウエイトをカバーでき、乗り心地が柔らかくなるかなと期待。


タイヤを外してみると、やっぱりリムが細いですねぇ。たぶん1サイズ太くても入るハズとやってみる。

タイヤ交換の作業時間は約10分でした。26年ぶりの作業でしたのでちょっと時間が掛かりました。


このタイヤの空気圧のリミットは約450kPaとなっています。これなら携帯ポンプでもなんとかなりそうです。


このタイヤは見た目からしてゴツイです。路面が悪い歩道を走っても大丈夫そう。


交換前後を比較してみました。1.25と1.5って結構幅が違いますね。当然ながらタイヤの外径も少し大きくなっています。

今週末のプチツーリングもこれなら安心かも。


2008年12月13日

岡崎市の中部をプチツーリング

岡崎市の中部をプチツーリング

前回の安城市に引き続き、今回は岡崎市をプチツーリングすることにしました。コース案を同僚M君に話していたら「私のホームコースです」みたいなことを言われたので、それじゃ「同行してね」ということで、今日はM君ご推奨のコースを走ってみることにしました。

>> 続きを読む



2008年12月21日

豊田安城サイクリングロード安城市編パート2

豊田安城サイクリングロード安城市編パート2

今日は以前から気になっていた安城市の某地区のオブジェを撮ることと、「豊田安城サイクリングロード」の上郷から安城公園までの区間を走行することにしました。これで一応は「豊田安城サイクリングロード編」の完結となります。

>> 続きを読む



2008年12月23日

安城市、岡崎市、そして知立市

安城市、岡崎市、そして知立市

安城市、岡崎市に引き続き、本日は「東海道を歩く旅」を参考に知立市をポタリングします。

>> 続きを読む



2008年12月28日

今シーズンの走り納め

今シーズンの走り納め

今日は、まずはトレーニングのため「豊田安城サイクリングロード」を上郷地区(ここまで行くだけで疲れますが)から終点まで(安城市藤井町)走破して、その後にデンパークに立ち寄り今シーズンのラスト撮影、ついでにホームエキスポでバッグを購入というスケジュールで出発です。

>> 続きを読む



2009年01月01日

2009年初乗りは…

2009年初乗りは…

当初の予定では自転車で初詣巡り(挙母神社、岩津天神)をするつもりでしたが、今年の抱負「がんばりすぎない」を初日から破っては意味がありません。

>> 続きを読む



2009年01月02日

2009年初トレーニングは…

2009年初トレーニングは…

今秋までに100km/日の走行を目指して、トレーニング走行をしていますが、やはり距離を少しずつ伸ばす必要があります。前回のトレーニングコースでは41.2kmだったため、できれば50kmになるコースを開拓したいところです。

>> 続きを読む



2009年01月03日

絶景を求めてプチツーリング

絶景を求めてプチツーリング

豊田市内には「豊田安城サイクリングロード」以外にも自転車道&遊歩道があるみたいですが、今日は以前から気になっていた自転車道を走ってみることにしました。

>> 続きを読む



2009年01月06日

16インチのミニベロが2台


「BROMPTON」を眺めていると「ミニベロ16ロード」よりもタイヤ径が随分と大きい気がします。同じ16インチなのに?

タイヤを並べてみました。

BROMPTON M3L
16インチ 1 3/8 WO(ワイヤードオン)

ブルーノミニベロ16ロード
16インチ1.25 HE(フックドエッジ)

→ウィキペディア(Wikipedia): 自転車用タイヤ

「16インチ」とはタイヤ外径が16インチというわけではなく、単なる目安としての“呼び径”らしいので、16インチのミニベロといっても実際のサイズは全然違いますね。単純に“インチ”を指定するサイクルコンピューターだと結構な誤差がありますが、WOとHEのどちらに合わせているのでしょうか。

Wikipediaを読む限り、HEの方が本来の規格より細いタイヤを使うようになってしまったため、結果的に外形が小さくなってしまっているらしい。ということはHE規格の方が誤差が大きいということですね。実際よりもサイクルコンピューターの数値は大目になっているため、「今日は40kmも走ったなぁ」と思っても実際はそんなに走っていないということになりそうです。まあ、外周を入力するようなサイクルコンピューターを使えばいいのでしょうが…


2009年01月17日

逢妻女川の自転車道を走る

逢妻女川の自転車道を走る

自転車遊びのひとつに“トレーニング走行”がありますが、そのコースの開拓も楽しいものです。「豊田安城サイクリングロード」を使った安城エリアを走るのもマンネリ化してきたため、豊田エリアの開拓をすることにしました。

>> 続きを読む



2009年02月11日

第一段階目標の50km/日を達成

第一段階目標の50km/日を達成

春の遠征に備えて今日は「50kmの走行+写真撮影」の手ごたえを確認するため豊田市花巡りツーリングをやってみました。

>> 続きを読む



2009年02月19日

「ミニベロ16ロード」を名鉄の車両に持ち込むためには


既にギブアップした自転車ネタに「ミニベロ16ロードを名鉄の車両に持ち込む」があります。それがブロンプトンを購入した理由の一つにもなっていますが、やはり“走り”を考えると「ミニベロ16ロード」で輪行をしたいところです。

近々お会いすることになっているタロさんのブログに名鉄で輪行したレポートが掲載されていて、見事に「ミニベロ16ロード」を名鉄の車両に持ち込むことに成功されていました。どうやったらコンパクトにできるのだろうかと再び輪行袋への収納をあれこれやってみました。

まずは普通に前輪のみ外した状態です。この輪行袋に収納する場合の基本形です。

この状態ではとても名鉄の車両への持込みは不可能です。

それで天地逆にしてみることにしました。両輪とサドルも外しています。

トップチューブを下にしていますが、全長が基本形よりも長くなってしまいました。これはサドルを外したことが原因ですね。

よいしょと90度回転させて、ヘッドチューブを下にしてみると設置面積は少なくなりました。

しかし、むちゃくちゃ不安定で立てかけることもできない状態です。椅子に座ることを諦めてずっと支えていればなんとかなるのかもしれませんが、せっかくの電車利用のメリットが半減しますね。

タロさんはシートスティを下にしている状態でコンパクトに収納されていることからして、結局のところ私の場合は何でも収納できる巨大な輪行袋にしたことがデメリットになっているようです。


2009年02月22日

クリスマスローズinデンパーク

クリスマスローズinデンパーク

安城のデンパークで「クリスマスローズ」の展示会が開催されているため、自転車トレーニングのついでに立ち寄ってみました。

>> 続きを読む



2009年02月28日

佐布里池の梅園2009

佐布里池の梅園2009

昨年は「佐布里池梅まつり撮影会」を目当てに出かけましたが、今年は梅の開花時期が早すぎて、1週間後では肝心の「梅」の撮影ができそうもありません。そこで、晴天の本日“プチツーリング”を兼ねて「佐布里池の梅」の撮影に出かけました。

>> 続きを読む



2009年03月07日

自転車で事故って人生初の救急車


今日は北西からの強風を利用して、豊橋まで走ってみることにしました。

愛環の三河上郷駅からJR豊橋駅まで走り、帰りはそのまま輪行で戻るという、我ながらグッドアイデアだと自画自賛だったのですが…


今日の出発地点です。

快調に走り…

あっと言う間に岡崎城に到着。

今日の撮影地は「岡崎乙川の河津桜」です。

約30分、河津桜の撮影を楽しみました。

写真はこちら → 「西三河の河津桜

さて気合を入れて豊橋に向って国道一号線を走りますが、さすがに交通量が多いため歩道を走ります。

予想通り追い風を利用すれば、難なく走り続け事ができました。

こういう時の一番の問題点は交差点です。せっかくの風も赤信号には敵いません。そこで信号のタイミングを見ながら交差点に向うことになります。

そして某地点の交差点に差し掛かり、手前5mで信号が青に通ったため、スピードを上げたところ…

なんと軽自動車が左折してきた!!

一瞬の出来事にどうなったのかさっぱり分かりませんが、気が付くと膝辺りを抱えて私は唸っていました。正直言ってこの時は膝の骨をやられたと感じました…

ほどなく救急車到着。そして人生初めて救急車に乗りました。

病院でレントゲンをとってもらったところ、骨には異常なしで打撲でした。とりあえず一安心。

警察とのやりとりの後、軽自動車の人の親族に自宅まで送ってもらいました。

しかし、残念ながら「ブルーノミニベロ16ロード」は入院です。まだ足は痛いけど車の運転に支障は無いため、西尾の自転車屋さんに届けました。

そして、いつかは買おうと思っていたヘルメットを本日購入しました。

それにしても今日は危なかったです。運よく車のバンパーがブルーノミニベロのクランクに当たったことが要因なのか、それともたまたま転び方が良かったのか、膝の下辺りの打撲以外は特に問題はないようです。

ブルーノミニベロもペダルとブレーキレバーのダメージが大きい以外は致命的なダメージは無いようです。とにかくフレームが多少のキズ程度で済んでよかったです。フレームに体当たりされていたら全損ですからね。

でもキズだからけになった部品は全て純正品が手に入らないとのことで他メーカー品になってしまうのでチト哀しいです。特にサドルとバーテープは気に入っていたのに…

本日の教訓「歩道を走っていても油断するな(車を信用するな)」。


2009年03月09日

「ミニベロ16ロード」の致命的な欠点


「ミニベロ16ロード」のダウンヒルの怖さは何度か日記に書きましたが、実はもう一点致命的な欠点があります。

車も自転車も同じだと思いますが、「走る、曲がる、止まる」の中で一番重要な項目は“止まる”です。次に“曲がる”で最後に“走る”です。

で、致命的な欠点とは何かと言うと、この“止まる”に大いに問題があるのです。

「ミニベロ16ロード」でも少し気合を入れたら25km/h、頑張れば30km/hでの走行は可能です。それは“走る”という項目になりますが、ところがそこまで速度を上げると簡単には止まれません。今回の事故の教訓としては「20km/hでも厳しい」でしょうか。

つまり「ミニベロ16ロード」という自転車は見た目がそれっぽい形をしているため、ついつい気合を入れて走ってしまいます。しかし、実際のところは、そのような自転車ではなく、のんびり走るための自転車です。その辺のところを私は購入してから今まで勘違いしていました。

自転車の名称に“ロード”が付いていても、あくまでも“ポタリング”のための自転車であり、気合を入れて乗るような自転車ではありません。

私は、タイヤ径が小さい自転車で気合を入れて走るというアンバランス差を楽しんでいましたが、それは根本的に間違っていたということになります。事故って初めてこの「ミニベロ16ロード」がどういう自転車なのかようやく分かりました。

ということで近いうちに「ミニベロ16ロード」は「ミニベロ16」として生まれ変わる予定です。


2009年03月16日

ブルホーンハンドル


ブルーノ「ミニベロ16ロード」を実用自転車として「ミニベロ16」に改造すべくパーツを注文しました。

まずは、ペダルを軽量タイプで両面使えるものにします。近場の買い物用途で使うために、今まで否定的だったスタンドを付けます。アタッチメントを使って前カゴを付けます。サドルを何にしようか悩みましたが、予算的に余裕があったため、ブルックスにしました。これは将来的にブロンプトンと共有させます。

こうなればフラットバーを選択することになるのですが、大きな問題点としてフラットバーにするとハンドルを持つ位置が近すぎて疲れそうです。もう少しカーブを描いているものが無いのか聞いてみましたが、どうやら無いらしい。となるとステムを交換することになりますが、ちょっと回転軸との関係で違和感がありそう。「昔はこんな風にもう少し遠くなるフラットバーがあったんだけど」としつこく聞くと「だったらこれはどう?」と出されたのが「ブルホーンハンドル」でした。

そういえば高校生の時にドロップハンドルを天地逆に付けて、余分な箇所を切って使ったことがありますが、あれはもともと学校から「ドロップハンドル禁止」という規制に対抗する手立てとして考えてやったのですが、「改造自転車禁止」という二段構えの規制にもろくも作戦負けしました。結局、フラットバーに交換して規制を突破しましたが、それでもいちおう改造なのに、規制の基準がよく分からなかったものです。

話を戻して、新しいけど懐かしい「ブルホーンハンドル」を「ミニベロ16ロード」に使うことにして、ブレーキレバーも注文…

と、全て注文してから気がついたことが…

「ブルホーンハンドル」に「前カゴ」ですか? かなりヘンテコな自転車になりそうです。


2009年03月24日

ミニベロ16ロード改


修理依頼したミニベロ16ロードが仕上がったと連絡を貰ったので、さっそく本日受け取ってきました。今回の総費用は工賃込みで約32000円でした。


開き直って「ブルホーンハンドル」をお願いしたところ、こうなりました。まだ少し乗っただけですが、予想に反してポジショニングが非常に良くなりました。(ブレーキレバーもシマノのロード用に交換)


「ペダルは軽くて両面使えるやつ」とリクエストしたらこの「TIOGA シュアーフットコンパクト PDL055」になりました。見た目とは違い結構高額ですよこれ。


趣味性を高めるために「BROOKS」をリクエストしたら「BROOKS B17 NARROW」になりました。(サドルカバーも純正品を)


ということで、ますますアンバランスなミニベロになりました。

※完全には修復できないためフレームの塗装修理はしていません。それとクランクも未交換です。

自転車遊びに「ミニベロ16ロードの改造」が加わり、楽しみがひとつ増えましたが、これはこれでお金が掛かる趣味になりそうです。

※通販で別注したアイテムが届きましたが、これは別ネタとして後日掲載します


2009年03月25日

ミニベロ16ロードにカゴを付けてみると


ちょっとした買い物に役に立つものは“カゴ”ですね。そこでミニベロ16ロードに付けてみることにしました。

しかし、当たり前のことですがハンドルバーにカゴを付けるとLEDライトを使うことができなくなります。

ハンドルバーに付けるアタッチメント(鍵付き)も購入しましたが、要再検討。


カメラ機材を持っていくときはこうなりますが…

普段使うには大げさ過ぎます。そこで…


このようにリアにカゴを付けてみました。


なんとなく実用的になったでしょうか。

ps.
16インチ用のスタンドを購入しましたが、残念ながらミニベロ16ロードにつけることはできませんでした。


2009年03月29日

桜巡り「岡崎・安城」

桜巡り「岡崎・安城」

今日は「ミニベロ16ロード」2台で桜巡りツアーをしました。大樹寺の桜は3分咲き程度、岡崎公園は1分咲き程度、そして安城公園は木によっては5分咲きでした。

>> 続きを読む



2009年03月30日

ブルホーンハンドルは良い感じ


昨日は「ミニベロ16ロード改」で約40kmのプチツーリングをしましたが、唯一の不安は「ブルホーンハンドル」の使い勝手でした。

結果としては「かなり良い感じ」でした。これは身長や体格の違いで誰にでも当てはまるものではないと思いますが、私にはドンピシャのポジショニングでとても乗りやすいです。疲労感も減少しているため、以前よりは長距離走行が可能かもしれません。

標準のドロップハンドルのサブブレーキ側を持つと近すぎることに加え不安定で、メインのブレーキレバーを持つと前方に倒れるような錯覚があって怖い。一番乗りやすい位置にはブレーキレバーが無いため、緊急時に困る。

フラットバーにしようすると手前過ぎるためステムまで交換する必要があり、ステムを交換したとしてもフラットバーではポジショニングがイマイチ。

身長170cmくらいの人が「ミニベロ16ロード」に乗る場合はブルホーンハンドルに交換することをお勧めします。

ポジショニング以外のメリットとしては…
・ブレーキを掛けやすい
・お尻をサドルから浮かしてもある程度安定している
・上り坂も多少は楽になる
・シフトチェンジで振らつくことが減った

平地に限れば「ビアンキLupoD」よりも乗りやすくなりました。



ミニベロおやじ@悠遊写輪のトップページに戻る