サイトマップ  HOME

ミニベロおやじ@悠遊写輪

ミニベロ初号機「ブルーノ ミニベロ 16 ロード」でポタリング Vol.4

ここからはオヤジ日記から「ブルーノミニベロ16ロード」のパーツ交換に関する記録を転記します。

2011年01月26日

ミニベロ16を再びポタリング仕様に


「ジテツウ+α」の役目を担う「自転車遊び六号機」がもうすぐやってくるので、ブルーノミニベロ16をポタリング仕様に戻すことにしましたが、ただ戻すだけでは面白くありません。ブルーノの車種はどれも実用性はともかく「“雰囲気”を楽しむための自転車」という感じがするため、クラシカル路線でやってみます。

そこで用意したものは「リバースレバー」と「コルク生地のバーテープ」です。(シースター カンチ/キャリパーブレーキ用リバースレバー MTS)

これらを使うことで古くさい雰囲気になり良い感じになりました。そしてハンドル周りが非常にシンプルになったことで、ごちゃごちゃしていたジテツウ仕様に比べると全く違う自転車のように見えます。カスタマイズ次第で雰囲気を大きく変えることができるという点が、ミニベロの面白いところです。

「リバースレバー」を使うためにVブレーキからカンチブレーキに戻しました。Vブレーキではクラシカルの演出ができないため結果オーライです。さらにカンチブレーキにしたことでキャリアが使えなくなり撤去しました。ついでにマッドガードも外して、すっきりスリムなミニベロに大変身です。

やっぱり、ブルーノミニベロ16はこの姿が一番いいなぁと改めて感じたカスタマイズでした。


2011年01月30日

菜の花と梅とロウバイ

菜の花と梅とロウバイ

昨日の激坂山間地ライドで筋力を使ってしまったので、本日は回復走を兼ねてポタリング仕様のブルーノミニベロ16で「菜の花」「梅」「ロウバイ」の観賞地巡りをします。

>> 続きを読む



2011年02月06日

知多半島エリアはコンプリート

知多半島エリアはコンプリート

過去に何度も知多半島をサイクリングをしていますが、その都度何らかの新規性を求めて走ってきました。つまり「全く同じ」ということは一度も無く、そろそろ「コンプリート」という雰囲気。今回の走行が全て上手くいけば、しばらく知多半島エリアを走ることはなくなるハズ。

>> 続きを読む



2011年02月13日

写真撮影ポタと観光食べポタ

写真撮影ポタと観光食べポタ

2月の連休二日目と三日目は「写真撮影ポタ」と「観光食べポタ」をしてみました。

>> 続きを読む



2011年02月20日

タイヤ交換とLSD走行と梅の花


ブルーノミニベロ16のタイヤですが、見た目はそれほど磨耗しているようには見えませんが、走行距離的にヘタレが来ている時期です。先日、理由が分からないバンクをしたため、それが寿命のサインかもしれません。

そこで、交換するにあたり“ポタリング仕様”に相応しい乗り心地を求めて「16x1.5」にすることにしましたが、以前使ったことがある「パナレーサー FDパセラリフレクト」は小粒の石がタイヤに食い込むので、磨耗してくるとパンクする可能性が高まります。


16インチの場合は選択肢があまりないため今回は「シュワルベ マラソン レーサー 16x1.50」を試してみることにしました。空気圧は85PSIまで対応しているため、標準品の100PSIまで対応しているタイヤに比べたら乗り心地が柔らかくなるかもしれません。

※私の体重は62kg程度ですので、空気圧は若干少なめの80PSIにします


ブルーノミニベロ16の標準のタイヤが「16x1.25」である理由は、それより太いタイヤにするとリアディレイラーがタイヤに接触してローギアが使えないからです。ショートゲージのリアディレイラーでもダメです。それを承知で「16x1.50」にしましたが、不都合はありません。リアスプロケットを11-30T(11-13-15-17-20-23-26-30)に交換してあるため、ローギアを使わないようにリアディレイラーを調整しておいても、26Tまで使えますのでポタリング仕様としてはこれで必要十分です。

さて、昨日は山間地ロングライドをやりましたので今日は回復走&LSD走行をやります。


三連水車


志貴野橋で折り返し


渡橋を渡って反対岸を走り、八丁味噌のところの地下道で国道一号を渡り、矢作川の堤防道路を走って天神橋へ。天神橋のところのコンビニで補給タイム。


水源公園


しばらく豊田安城自転車道を走りますが、豊田側はアップダウンが結構あるため意外にも疲れます。カバハウスのところからは一般道をひたすら北上。


平芝公園に到着。小径車に定番のブルックスですが、40km程度走るだけでお尻が痛くなります。今までも馴染むほど乗っていませんし、これからも馴染むほど乗ることはないので、ただ単にお尻が痛くなるサドルでしかないような…


平芝公園の梅がそろそろ見頃になってきました。寒さのピークが過ぎて、これからいっきに開花することでしょう。

この後はいつもの逢妻女川の堤防道路を南下します。途中で2台のロードに抜かれたので、ちょっとペースアップして追いかけましたが、ロードの人たちとそれほど速度は変わりませんでした。まあ私のホームコースですから走り慣れているという優位性はありましたが…

午前9時30分出発、午後2時10分帰宅。走行距離は約71kmでした。


2011年03月27日

香嵐渓のカタクリと春の花

香嵐渓のカタクリと春の花

ジテツウトレーニングの影響なのか膝周りに疲労が溜まっているため、今日はのんびりと写真撮影ポタをすることにしました。行き先は足助の香嵐渓で、昨年訪問した時はタイミングが悪くて全て散ってしまった「カタクリ」が今年はちょうど今が見頃らしい…

>> 続きを読む



2011年05月04日

大府の大倉公園のツツジ

大府の大倉公園のツツジ

今日は休養日のつもりでしたが、絶好のサイクリング日和です。しかし、昨日の疲れが残っているため、とてもロングライドはできそうもありません。近場でまだ訪問したことがない「ツツジ」または「藤」の観賞地をガイドブックで調べてみたところ、大府市の大倉公園が良いらしい。そこで、回復走を兼ねてミニベロ16で出かけることにしました。

>> 続きを読む



2011年09月25日

ひさしぶりにブルーノミニベロ16で花ポタ

ひさしぶりにブルーノミニベロ16で花ポタ

今日は久しぶりに「ブルーノミニベロ16」を使ってみました。手持ちの6台の中で「花と自転車」という組み合わせで「絵」になるのは、やはり「ブルーノミニベロ16」ですね。ロードやマウンテンのようにあくまでも走るための道具を花とセットで撮影しても「絵」にはなりません。ブロンプトンも「絵」になりやすいのですが、私のブロンプトンのカラーが赤ということもあって、自転車が主張しすぎるのが欠点。ブルーノのターコイズブルーは改めて良い色だなと思う。

>> 続きを読む



2011年10月14日

「午後から雨」の場合の選択肢は4つ

「午後から雨」の場合の選択肢は4つ

今年は3月からの月間走行距離が1400~1600kmを維持していました。ジテツウと休日のサイクリングを続けていれば普通に達成でき、あくまでも結果的に○○○○kmだったという数値で、特にムリをしていたわけではありません。しかし、トレーニング月間の期間中は、少しでも走れる時は走っておきたいものです。特に今月は9日から12日までの予定が全て吹っ飛んでしまったため、当初の目論見よりは既に約300km減となっています。

>> 続きを読む



2012年03月24日

ブルーノミニベロ16でベンチマーク(エンジン強化)

ブルーノミニベロ16でベンチマーク(エンジン強化)

先日試したブロンプトンのベンチマークのタイムは昨年よりも大幅に向上していましたが、本当に機材の効果なのかイマイチ確信が持てません。なぜならばジテツウトレーニングを1年間続けてきて、エンジンそのものが本人が思っている以上に強化されているためです。

>> 続きを読む



2012年04月10日

早起きして桜鑑賞ポタ

早起きして桜鑑賞ポタ

地元でも桜の開花が非常に遅れていて、例年の1週間遅れで満開となりました。そこで今朝はいつもより早起きして出勤前に「桜鑑賞ポタ」を楽しみました。

>> 続きを読む



2013年12月24日

さようならブルーノミニベロ16ロード


四十半ばのオッサンが二十数年ぶりに自転車遊びを再開するにあたり、「走り」そのものには興味は無く、自転車という趣味を「楽しむ」ためのパートナーとして選んだのがブルーノミニベロ16ロード。


西尾市の某ショップのブログで見かけて「これだ!!」と閃いた見るからに面白そうな自転車です。時は2008年11月2日。


ブルーノミニベロ16ロードで輪行。この時点で既にブロンプトンも購入していましたが、当時はブロンプトンを走らせる脚力も体力も無く、ミニベロ16の稼働率が非常に高かった。


ミニベロは自分好みにカスタマイズするという楽しさがあり、特に必要というわけでもないのにあれこれとパーツを変更。ブルホーンハンドルで三河湾スカイラインをえっちらおっちら上ってみたり(あちこちからミシッミシッと異音がしましたが)。


フラットバーでポタリング仕様。さらに9速化を試みるが、チェーンが頻繁に外れる原因を特定できず、あえなく挫折。


ライザーバー&ワイドギアで山間地を走ってみたり(この仕様だと勾配12%でも楽に上れます)。


Vブレーキに換装。バーエンドバー、泥除け、キャリアを装着してジテツウ仕様にしてみましたが、原型を留めなくなりつつあった時期。


こんな吹雪のような悪天候の中を走ったこともあります。


最終形態のコンセプトは「旅仕様のミニベロ」。ロードでロングライドした翌日は、このミニベロ16でのんびりまったりと走りました。

いろんな自転車遊びを教えてくれたブルーノミニベロ16ロードですが、この1年間の出番は皆無、さらにこの先も「走ることに飽きる」までは出番はありません。

「のんびりまったり30km程度のポタリング」で満足できるようになるには、まだまだ年数が掛かり、それまで部屋の片隅に放置というのはちょっと可哀そう。

ということで、「ミニベロ」の楽しさを普及させるために、ブルーノミニベロ16ロードは新天地に旅立つことになりました。

きっと新しいオーナーもミニベロの楽しさにどっぷり嵌ることでしょう。面白い、楽しい、そんなことを体感できる自転車です。



ミニベロおやじ@悠遊写輪のトップページに戻る