サイトマップ  HOME

ミニベロおやじ@悠遊写輪

ルイガノキャスパーと遊ぶ

使用目的が「ジテツウ+α」になる自転車遊び六号機の車種選定にあたり「+α」でどんな遊びをするのかが最大のポイントでしたが、今までできなかったことを客観的に考えれば選択すべき車種は「マウンテンバイク」となり「LOUIS GARNEAU LGS-XC CASPER(ルイガノ キャスパー)」を購入しました。「ルイガノ キャスパー」の出番としては、ジテツウで70%、超激坂遊びで20%、林道遊びで10%の予定です。

「ルイガノ キャスパー」の走行レポート一覧


以下、オヤジ日記から「ルイガノ キャスパー」に関する記事を抜粋しました。

2011年1月25日

1月17日の雪のジテツウが切っ掛けにはなっていますが、自転車遊び六号機を注文しました。順調にいけば次の日曜日に納車予定。

もともとは、高ケイデンス走行トレーニングを兼ねてブルーノミニベロ16で始めたジテツウですが、ちょっと疲れてきました。

往路はそれなりに気合を入れて走ることはできても、やはり復路は夜間走行ということもあって“帰るだけ”のハズですが、走り出せばそれなりに体力を使ってしまい、帰宅する頃にはヘトヘトになっています。夕食後にそのままウトウトしてしまう日々が続いたため、やはりブルーノミニベロ16でのジテツウは体への負担が大きいようです。

ブルーノミニベロ16は“のんびり”走るための自転車ですので、単なる移動手段のための道具としては相応しくありません。夜間でも車道を走る場合は、気合を入れて走る必要があるため、ジテツウとはいえ“のんびり”走ることが殆どできません。ジテツウの場合は、ゆっくり走るという気分になれないというのが本当のところですが…

そんな中、雪のジテツウがあって、そろそろジテツウ用に一台欲しいかもと思い始め、ジテツウといえばクロスバイクが定番です。しかし、いまさらクロスバイクというのは面白みに掛け、それこそジテツウ専用車になってしまいます。さらに700cのバイクでは「リクセン&カウル リアアタッチメントバッグ KM821」が使えないというのが一番の問題点です。そもそもクロスバイクを買うくらいなら、ビアンキLupoDをジテツウ仕様に改造すればいいじゃんとなります。

主にジテツウに使うけど、自転車遊びの幅を広げるためにも使えるものが欲しいとなれば…

「マウンテンバイク」となります。MTB日和の「4」と「5」を購入して、初歩的な知識を得て、ターゲットを絞り込みました。基本的にメンテナンスは全て自力でやるため、「油圧式DISKブレーキ」は対象外となります。メカニカルDISCブレーキまたはVブレーキとなると選択肢が非常に少ない代わりに、価格帯が入門クラスになるため“ジテツウ用に買う”という口実になりちょうどいい。

入門クラスとはいえ「マウンテンバイク」なら、今まで走ることができなかった「ダートの林道」の峠越えも可能になりますし、もちろん雪道もミニベロを使うよりは遙かにマシになるでしょう。さらに超ローギア比の恩恵は超激坂攻略に役立つことでしょう。つまり「マウンテンバイクに決めた」という決定打は先日の暗峠なのです。

ということで、候補を3車種に絞り込んで昨日の会社帰りに自転車屋に立ち寄って在庫確認を依頼。C社製品は取り扱い無し、G社製品は納期が3月末、そしてL社の製品については本日回答を貰い、再び自転車屋に立ち寄って正式に注文。

「ジテツウ+α」のため自転車はこれです。


LOUIS GARNEAU LGS-XC CASPER

店頭価格は約6万円。年の半分をジテツウすれば元が取れる出費額となります。つまりは、家族には「ジテツウ用に買った」で通じる価格と言うわけです。まあこれも、あれこれいじくるでしょうからジテツウ率50%で元が取れるとは思っていませんが、そこは趣味の部分ですからヨシとしましょう。

2011年01月27日

自転車遊び六号機「ルイガノ キャスパー」が納車

自転車遊び六号機「ルイガノ キャスパー」が納車

火曜日の夕方に正式発注して、メーカー取り寄せなのに木曜日に納車とはなんとも激早なことで。さすがルイガノの取り扱いが多い「あさひ」ゆえか。店員さんも親切丁寧でした。新店舗が近所にできたので、これからは気楽に会社帰りに立ち寄れるようになってとても便利。

>> 続きを読む



2011年01月28日

ルイガノキャスパーのカスタマイズ第一弾

ルイガノキャスパーのカスタマイズ第一弾

自転車遊び六号機もノーマル状態で乗るつもりはないので、さっそくルイガノキャスパーのカスタマイズをします。とりあえずは明日の走りに必要なところだけ。

>> 続きを読む



2011年01月29日

ルイガノキャスパー初乗り

ルイガノキャスパー初乗り

予定では、ルイガノキャスパーを平地ロングライドで試すために知多半島を走ることにしていましたが、日曜日の天候が怪しいため、激坂山間地を走ることにしました。延々と続く緩い上りが苦手な車種であることは明らかですので、激坂巡りをします。

>> 続きを読む



2011年01月31日

ルイガノキャスパーでジテツウ再開

ルイガノキャスパーでジテツウ再開

「近江八幡〜奈良〜大阪」の遠征疲れで先週のジテツウを自粛しましたが、今週からジテツウを再開です。もちろんジテツウ用に購入したルイガノキャスパーを使います。

>> 続きを読む



2011年02月01日

キャスパーとアンティーコのギア比

キャスパーとアンティーコのギア比

先日の「激坂巡り」で気になったことがあったので、アンティーコとキャスパーのギア比と速度を比較してみた。

>> 続きを読む



2011年02月06日

知多半島エリアはコンプリート

知多半島エリアはコンプリート

過去に何度も知多半島をサイクリングをしていますが、その都度何らかの新規性を求めて走ってきました。つまり「全く同じ」ということは一度も無く、そろそろ「コンプリート」という雰囲気。今回の走行が全て上手くいけば、しばらく知多半島エリアを走ることはなくなるハズ。

>> 続きを読む



2011年02月11日

マウンテンバイクには雪景色が似合うけど

マウンテンバイクには雪景色が似合うけど

「山間地トレーニング」のコースには急坂がいくつかある「Aコース30km」と緩い坂が延々と続く「Bコース40km」があります。そろそろ激坂のコース設定もしたいところですが、激坂の頂上付近には雪が残っていて、さらに路面状態もよくないため、今日は「Aコース30km」と「Bコース40km」を走ります。自宅から往復時間も含めると休憩込みで所要時間が4時間30分になるため、午前11時30分自宅を出発。

>> 続きを読む



2011年05月17日

ジテツウ仕様のキャスパーをちょっと改善

ジテツウ仕様のキャスパーをちょっと改善

単なるジテツウではなく、山間地トレーニングを兼ねたジテツウをやっていると、「ジテツウ仕様のキャスパー」の使い勝手をもう少し改善したくなります。

>> 続きを読む



2011年05月20日

キャスパーのブレーキシューとリア変速機

キャスパーのブレーキシューとリア変速機

ホワイトカラーのキャスパーは少し乗るだけで汚れが目立つます。先日、ワックス掛けしていてあることに気がつきました。そこで用意したものがこれ

>> 続きを読む



2011年05月22日

ジテツウ仕様のキャスパーをちょっと改善その2

ジテツウ仕様のキャスパーをちょっと改善その2

キャスパーの使い勝手の向上のため、さらなる改善。もう少しだけ大きいサドルバッグが必要になったため、「リクセン&カウル コントウラ シートポストバッグ CM802」を購入しました。

>> 続きを読む



2011年06月01日

梅雨時のジテツウ対策に

梅雨時のジテツウ対策に

朝からドシャ降りならジテツウを諦めますが、それ以外なら梅雨時でもジテツウを敢行したいものです。そこで、雨でもジテツウができるようにキャスパーを“梅雨時仕様”にしてみました。

>> 続きを読む



2011年06月07日

あざみラインとロングライド対策で

あざみラインとロングライド対策で

今週末の遠征に備えてキャスパーを少し改良。まずは「あざみライン」対策でリアスプロケットを再び交換しました。そしてサドルを「フィジーク・アリアンテ・バーサス」に交換。

>> 続きを読む



2011年06月13日

ヒルクライム遠征のために急きょ用意したもの

ヒルクライム遠征のために急きょ用意したもの

三泊四日で静岡・神奈川・山梨エリアのヒルクライムコースを走ってきました。走行レポートは後日作成しますが、今回の遠征のためにいくつか急きょ用意したものがあります。

>> 続きを読む



2011年06月25日

「ケイデンス縛り」トレーニング開始

「ケイデンス縛り」トレーニング開始

ジテツウの往路には「峠の上り区間」があります。距離は5.8km、高度上昇値は167mですので、負荷が高すぎず低すぎずというちょうど良いトレーニング区間となっています。今までは「心拍数」をいろいろと検証してきましたが、次の段階として「ケイデンス」を検証していきます。

>> 続きを読む



2011年06月26日

トルク走行or高回転走行

トルク走行or高回転走行

地元でヒルクライムのベンチマークに適したコースがいくつかありますが、その中で本宮山は前半と後半で質が違う上りを楽しむことができます。前半パートについては、ある程度は安定したタイムを出すことができるようになりましたが、後半パートについては非常ばらつきます。今のところの最高記録は4月10日の「チャリティ本宮山ヒルクライム」ですが、この日は大勢で走ったことによる“気持ち”の差です。後半パートの半分以上をダンシングしていたわけで、とても単独走行ではできない芸当です。

>> 続きを読む



2011年07月18日

二泊三日で関西遠征の峠巡りのハズが

二泊三日で関西遠征の峠巡りのハズが

7月の3連休の当初の予定は「静岡遠征」でしたが、天候が読めなかったため、宿の確保をギリギリまで遅らせていたら、なんと初日の宿の確保が不可能になってしまいました。あれこれ走行ルートの変更を検討してみても、どうしても落としどころが見つかりません。そこで、急きょ「関西遠征」に変更。

>> 続きを読む



2011年08月07日

回復走のつもりが「西浦の激坂」で筋肉疲労

回復走のつもりが「西浦の激坂」で筋肉疲労

昨日の峠巡りで思いのほか筋力を使ってしまったようで、今日はそのための回復走をすることにしました。堤防道路を河口まで往復するというのは退屈ですので、西浦まで行くことにしましたが、西浦の手前には「三ヶ根山」があるので、ここを素通りするわけにはいかないでしょう。ということで、上ってみました。

>> 続きを読む



2011年09月19日

トレーニング「千万町坂と三河湖」

トレーニング「千万町坂と三河湖」

鈴鹿6時間に向けて“6時間耐久ラン”のトレーニングを定期的にやっておく必要があります。そこで小休憩程度で走り続けた場合に6時間程度で完走できそうな「ツールド三河湖エキスパート」のコースを走ることにします。ただし昨日までの遠征疲れがあるため、激坂でも筋力を使わずに済むキャスパーを使用します。

>> 続きを読む



2011年09月24日

キャスパーのペダルを交換

キャスパーのペダルを交換

「ブロンプトンで日本縦断」の一日当たりの走行距離が増えているので、SPDペダルを今月から使用しています。そのペダルは「PD-A530」ですが、ジテツウ用途のキャスパーから拝借したものです。ペダルが無ければジテツウができないので、LupoDの「PD-A520」を一時的にキャスパーで使っていました。いつまでもこの状態というわけにもいかないため、SPDペダルを追加購入。

>> 続きを読む



2011年09月27日

ジテツウの復路でパンク

ジテツウの復路でパンク

1月末に購入して主にジテツウ、ときどきサイクリングに使用したきたキャスパーの走行距離は約4000km。そろそろタイヤ交換の時期かとWiggleに「Panaracer RibMo Folding MTB Tyre (26x1.25)」を発注したのが9月9日。欠品中で未だに届かず。タイヤを見る限り、まだ1000kmは大丈夫そうな雰囲気でしたが…。なんと、昨日のジテツウの復路でパンクしました。

>> 続きを読む



2011年11月12日

ジテツウのために三連灯

ジテツウのために三連灯

ジテツウの復路は夜間走行になり、薄暗い道路を走る割合が多いため、キャスパーのフロントフォークに「HL-EL500」、ハンドルに「閃 355B」を付けています。交通量がそれなりにある道路ならばこれで十分すぎるくらいに明るいのですが、街灯が全く無い山間地の道路の場合はイマイチ不安になり、精神的に疲れます。

>> 続きを読む



2011年12月26日

雪のジテツウのためにタイヤ交換

雪のジテツウのためにタイヤ交換

朝起きると自宅前は結構な雪が積もっていました。今までなら「うわっどうしよう」と悩むところですが、現在は「自転車」があるため、「まっいいか」となります。今年の1月に「雪のジテツウ」を経験しているため、慌てることもなくいつも通り出勤前の時間を過ごすわけですが、まてよ…

>> 続きを読む



2012年01月01日

真冬のジテツウのためにナックルバイザーを装着

真冬のジテツウのためにナックルバイザーを装着

極寒のジテツウで一番の悩みは指先の冷えです。1年前に真冬用のグローブを何種類か試しましたが、これで完璧というものに辿り着きませんでした。単純に分厚い手袋を使うと手のひらが汗だくになるだけで肝心の指先の冷えは解決せず。停車中は指先が冷えるということはなく、走行中に冷えるわけですから、明らかに走行による冷風が手先に直撃することが冷えの原因。

>> 続きを読む



2012年01月02日

初詣ポタ2012

初詣ポタ2012

今日は一日中家でのんびりとゴロゴロするつもりでしたが、せっかくの晴天日ですから、恒例の初詣ポタをすることにしました。10時頃、ジテツウ仕様のキャスパーでイザ出発、妙に風が強くて嫌な感じ。さらに頑丈なタイヤが非常に重くて巡航速度が全く高まりません。

>> 続きを読む



2012年01月06日

ジテツウを嫌いになる前に

ジテツウを嫌いになる前に

年末年始の3日間くらい、妙に腰が痛くて辛かった。今週、夕食後の3本ローラーに乗る前から膝周りが妙に疲れていて回し始めの10分くらいが辛い。ジテツウをやっていると辛いだけで全然楽しくないと感じるようになった。昨日の往路で、以上の3点の原因がようやく判明。

>> 続きを読む



2012年01月11日

キャスパーのチェーンとケーブル

キャスパーのチェーンとケーブル

ジテツウで酷使しているキャスパーですが、走行距離が約5000kmになっているため、タイヤに引き続きチェーンとケーブル類の交換をします。チェーンチェッカーで伸び率を調べてみても、まだまだ使えそうな雰囲気。キャスパーでも高トルクではなく高回転で走っているため、駆動系には優しいといえます。

>> 続きを読む



2012年01月21日

松平郷のロウバイ

松平郷のロウバイ

土曜日の朝、碧南のお寺に8時30分到着予定で支度をして、さてそろそろ出発するかと外に出てみると、なんと雨が本降りです。LupoDを片付けて、自転車雑誌を読みながら時間を過ごすと9時前には雨が止んで、これならなんとかなりそうな雰囲気。キャスパーに泥除けを装着してイザ出発。

>> 続きを読む



2012年02月25日

春仕様のキャスパーで梅巡り

春仕様のキャスパーで梅巡り

最近になってようやく極寒のピークを過ぎて、そろそろ「真冬」ともオサラバできそうです。そこでジテツウのキャスパーを真冬仕様から春仕様に模様替えさせます。

>> 続きを読む



2012年06月13日

朝練コースの開拓をしてみる

朝練コースの開拓をしてみる

昨年の夏場は往路で峠コース、復路で堤防コースを走っていましたが、なるべく夜間走行は避けたいため、陽が長くなった現在でも復路は最短コースで帰宅しています。夏場なら「早起き」さえすれば、それだけ走る時間を確保できるため、朝の涼しい時間帯に「朝練」をするのがいいかもしれません。

>> 続きを読む



2012年06月17日

紫陽花サイクリング2012

紫陽花サイクリング2012

毎年恒例の紫陽花サイクリングですが、昨日は本降りのため中止、今日は早朝のみ雨で時間の経過とともに晴天になりそうな天気予報でしたが、地元の清掃作業があるため、いつもより遅い午前10時スタート。

>> 続きを読む



2012年10月08日

キャスパーでベンチマーク

キャスパーでベンチマーク

月のアンティーコを使ったジテツウトレーニングで、冬場のLSDトレーニングに適したコースの開拓ができたため、少しタイミングが早いかもしれませんが、再びキャスパーをジテツウトレーニングに投入します。

>> 続きを読む



2012年11月11日

今年の香嵐渓の紅葉

今年の香嵐渓の紅葉

雨雲が三河地区に辿り着くのは11時頃らしいことが朝の天気予報で分かったので、急いで支度をして6時25分自宅を出発で、向ったのは「香嵐渓」です。昨日の「静岡遠征パート1」だけが原因ではないようで、最近は妙に脚が疲れている状態のため、「山」を走り回るのはちょっと難しいためムリができません。

>> 続きを読む



2012年12月22日

軽量タイヤの効果測定

軽量タイヤの効果測定

今シーズンは「雪」が降る可能性が非常に高いため、ジテツウで使用しているキャスパーのタイヤを「悪天候」用のタイヤに交換しましたが、昨シーズン同様にタイヤの重さが脚への負担になり、日々のジテツウが苦痛になっています。さらにジテツウの所要時間が10%以上余分に掛かるようになり、「朝の限られた時間」往路は焦りさえ感じます。

>> 続きを読む



2013年01月03日

今年も「七福神巡り」を

今年も「七福神巡り」を

冬場の企画モノ「七福神巡り」を今シーズンも楽しむことにしましたが、県外遠征するほどのものではないため、愛知県の「七福神」とします。

>> 続きを読む



2013年01月26日

爆風サイクリングは筋トレです

爆風サイクリングは筋トレです

「三連水車〜豊田安城自転車道〜矢作川堤防道路〜岩津」のアベレージは21.9km/h。「山間地トレーニングコース」は20.1km/h。「葵大橋〜自宅」は15.2km。爆風の中のサイクリングは「筋トレ」そのもので疲労困憊。

>> 続きを読む



2013年01月27日

キャスパーでLSDサイクリング

キャスパーでLSDサイクリング

ブルベまで1ヶ月あまりとなったため、そろそろトレーニングメニューをロングライドをターゲットにする必要があります。そこで今日は久しぶりに心拍数をチェックしながら走ります。

>> 続きを読む




ミニベロおやじ@悠遊写輪のトップページに戻る