サイトマップ  HOME

ミニベロおやじ@悠遊写輪

ルイガノキャスパーと遊ぶ

愛知の七福神巡り「西浦の七福神」

2013年1月6日

西浦には何度もいったことがあり、あの超激坂も上っています。西浦には以前から気になっていたオブジェがあり、調べてみると「7体」あるようです。そのオブジェとはもちろん「七福神」のことです。

本日の走行ルート → 20130106「西浦の七福神」 距離:97.3km 獲得標高:393m

本来の「七福神巡り」とは違いますが、これもひとつのネタとして「7体」全てを探索します。


ブロンプトンの愛知観光編パート3のルートを使って西浦を目指します。今日はスタート直後から妙に疲れを感じるため、「吉良ワイキキビーチ」で小休憩。このルートは“お気に入り”になりそうです。チタイチをする余裕がない場合に最適。


海沿いを快調に走って西浦に到着。「毘沙門坂」。。。あれ? ルートとしてはこれは3体目のハズ。近くに恵比寿さんがいるハズなのに、さてどこに。。。


それっぽいところを散策すると、とても小さい神社を発見。


ようやく「恵比須橋」とご対面。


西浦の「西浦松島」の「松島のクロマツ」と数奇な運命の地蔵様「松島地蔵」。説明は省略。


「寿老通り」。これを見落としていたとは。実はここまで戻ったことで「超激坂」を回避できました。超激坂の南側の上り口に「毘沙門坂」、北側の上り口に「弁天坂」があるのです。


ぐるっと回って「大黒坂」。


これが西浦名物の激坂「弁天坂」。ロードとシクロで上ったことがありますが、客観的に眺めてみると自転車で上るような坂ではありません。なぜ弁天さんなのでしょう。


「福禄通り」を下ります。


そして下ったところで「布袋坂」とご対面。ここから見る朝日はとても綺麗だそうです。西浦のホテルに泊まれば朝日と夕陽を堪能できるでしょうね。この7体は西浦温泉開場50周年記念で平成18年に設置されたようです。西浦を散策する宿泊客向けのサービスみたいなものでしょうか。海沿いの遊歩道を含めて約1時間の散歩コースになっています。

この後は強い向い風に苦しめられながら帰宅。

特別企画「愛知の七福神巡り」

「LOUIS GARNEAU LGS-XC CASPER」のレポートは『ルイガノキャスパーと遊ぶ』をご覧ください。

※コメントなどはツイッターでお願いします(遠征先からもつぶやいています)


ミニベロおやじ@悠遊写輪のトップページに戻る