サイトマップ  HOME

ミニベロおやじ@悠遊写輪

ミニベロおやじ日記 2014年1月〜3月

2014年01月01日

カロリー消費のために2014年元日ポタ

カロリー消費のために2014年元日ポタ

2014年こそは“まったり”と自転車遊びを楽しみたいと思いますが、さてさてどうなることでしょうか。遠征休養期間はポタリング仕様のアンティーコで“まったり”とポタリングを楽しむ予定。

>> 続きを読む



2014年01月02日

初詣ポタ豊田市編

初詣ポタ豊田市編

なぜか今日も1日中フリーになってしまったため、独り寂しく初詣ポタで出かけることに。慌てる必要はないため、朝食後もゆっくりして、気温が高まってからのんびりと支度して、まずはジテツウの復路を逆方向に進み、山区間に突入。

>> 続きを読む



2014年01月03日

短い正月休みの最終日は溜め込んだDVDを観る

短い正月休みの最終日は溜め込んだDVDを観る

世間では年末年始が9連休らしいのですが、私の勤務先は相変わらず4連休止まりです。12月31日、1月1日〜3日ですので、遠出などはしたことはなく、近場をウロウロする程度。それも正月から独りで遊びまわるわけにはいかないため、なんとなくフリーになった場合に「ちょっと出かけてくる」程度のポタリング。

>> 続きを読む



2014年01月07日

ブロンプトンの異音の件はギブアップ?

ブロンプトンの異音の件はギブアップ?

2011年12年の九州遠征の頃からあちこちとガタが出るようになり、今までにいろんなパーツを交換してきました。テンショナーアッセンブリー、リアサス、前後のホイール、クランク(2回)、BB(2回)、ペダル(3回)、スプロケット(2回)、チェーン(4回)、タイヤ(5回)。過酷な遠征を続けいるため仕方がないことですが、昨シーズンから異音に悩まされています。

>> 続きを読む



2014年01月10日

機材を変えるとどのくらい速くなりますか?

機材を変えるとどのくらい速くなりますか?

「○○○○から□□□□に乗りかえるとどのくらい速くなりますか?」って初心者ならで...

>> 続きを読む



2014年01月13日

暗峠に勇者現る

暗峠に勇者現る

12月の遠征の時「ブロンプトンでも暗峠を上れますよ」という衝撃的な告白をしたビートルさん。「機会があればお見せします」ということで、年明け一発目の遠征は再び関西です。

>> 続きを読む



2014年01月14日

続・ブロンプトンの異音問題

続・ブロンプトンの異音問題

先日のメンテ(「ブロンプトンの異音の件はギブアップ?」)で異音が収まったというのは勘違いだったようで、「雨の中を試走」が話をややこしくしていた可能性があります。3本ローラーでもチェックしたのですが、異音がしてもそれまでより静かになったという印象はあったのですが。。。

>> 続きを読む



2014年01月19日

ブロンプトンも20000km以上走ればあちこちガタが出ます

ブロンプトンも20000km以上走ればあちこちガタが出ます

なんとか異音問題を解消させて、フロント44T、リア13Tでジテツウトレーニングコースを走ってみましたが、アベレージは21.7km/hという微妙すぎる向上具合。このギア比はイマイチ合っていません。平坦区間で僅かに重さを感じるのです。当然ながら勾配が10%超える区間は非常に疲れます。

>> 続きを読む



2014年01月23日

スギノのクランクRD2を使ってみる

スギノのクランクRD2を使ってみる

クランク長はスギノのXD2で165mm、純正品で170mm、今回はRD2で167.5mmを試してみます。パナモリのロードで167.5mmを使っていますが一番回しやすい感じがするので。

>> 続きを読む



2014年01月24日

最後の足掻きでスギノ製のBBを

最後の足掻きでスギノ製のBBを

タンゲのBB「LN7922 113mm」とスギノのシングル用クランク「RD2」の組み合わせもイマイチ。ショップの商品ページには「RD2 対応BB : CBB-103(103mm)」と書かれていますが、103mmは狭すぎてブロンプトンには使えません。そこで110mmを選択ですが、「CBB-F-110」と「CBBAL-110」のどちらが良いのか。ここで少額をケチっても仕方がないので、「CBBAL-110」。

>> 続きを読む



2014年01月27日

ブロンプトン弐号機は快速仕様の「S2L」

ブロンプトン弐号機は快速仕様の「S2L」

過酷な遠征のために仕上げてきたブロンプトン初号機「M3L」ですが、荷物満載で走り回ったことが原因なのか昨年の8月の遠征の頃からあちこちガタつき始め、妙な異音を発するほどです。遠征の度に異音が酷くなってきたため、年明けにその原因を突き止め、その修理ができるショップが見つかったため、緊急入院となりました。

>> 続きを読む



2014年01月28日

納車直後からS2Lのギアに悩むことに

納車直後からS2Lのギアに悩むことに

小牧のショップから自宅まで走ってみたところ、やはり標準の54Tでは重すぎます。強い追い風に乗って走っても42km/h程度で妙な抵抗を感じるため、追い風だからといって無理に40km/hオーバーで走る必要はなく、追い風や下りでも35km/h程度で十分。そこで、平地無風状態で25km/h前後で巡航でき、35km/h程度で踏み切るようなギアにしてみます。

>> 続きを読む



2014年01月31日

ジテツウトレーニング月間の2014年1月度

ジテツウトレーニング月間の2014年1月度

遠征オフ期間ですが、真冬の休日にたくさん走ろうという気にならないため、可能な限りジテツウトレーニングに取り組んだ1月度の走行距離は1264km、獲得標高は7585m、体重は63.05kg(BMI:21.8)、体脂肪率は10.4%。冬場のジテツウトレーニングの往路の距離は約28kmほどですが、出社後に2度目の朝食をとるようにしています。このことで午前中に睡魔に襲われることはなくなりましたが、体重減を目的としたジテツウにはなっていません。

>> 続きを読む



2014年02月01日

ブロンプトン初号機が復活

ブロンプトン初号機が復活

小牧のショップ「じてんしゃひろば遊」さんのところに入院していたブロンプトン初号機が、めでたく退院です。今回の修理に関して、すがる思いで遊さんに相談したところ「なんとかしましょう」と引き受けていただきましたが、「風邪程度の症状かと思ったら実は肺炎を起こしていた」という感じの大掛かりの作業になってしまったようです。

>> 続きを読む



2014年02月02日

ブロンプトンのQファクター問題はオールクリア

ブロンプトンのQファクター問題はオールクリア

タンゲの118mm、113mm、そしてスギノの110mmを試してきたブロンプトン初号機(M3L改)ですが、いよいよラストトライとなりました。用意したものは「TANGE(タンゲ) LN7922 107mm」。BBばかり増えて困りますが、最適解を求めて試行錯誤しているため仕方がありません。

>> 続きを読む



2014年02月03日

Amazonのコジャック祭り

Amazonのコジャック祭り

先週の事ですが、ツイッターでブロンプトンのタイヤの事であれこれやり取りしている最中、amazonで安売りをやっているよと教えてもらいチェックしてみると。。。なんと1783円/本という超特売をやっていました。ブロンプトンの過酷な遠征が続く限り、少なくとも年間で4本程度はタイヤを消費するため、ためらうことなく4本確保しました。

>> 続きを読む



2014年02月04日

ブロンプトン旅仕様Ver.4

ブロンプトン旅仕様Ver.4

ブロンプトンを使った日本全国制覇の「日本一周ルート」も残り僅かです。岩手の花巻空港から網走の女満別空港までの区間を走れば「日本一周」としては完結。日程的に「苫小牧〜網走」の区間を一括で走りきることができないため、どこで分割させるのが良いのが悩む日々です。

>> 続きを読む



2014年02月05日

激重タイヤだと走りがどのくらい変わるか

激重タイヤだと走りがどのくらい変わるか

今シーズンは「雪のジテツウ」の回数がゼロですが、寒波が再び襲ってきているため、ジテツウ仕様のROMA改のタイヤを悪路も走れる頑丈なものに交換します。

>> 続きを読む



2014年02月06日

再利用のためPD-A530をメンテナンス

再利用のためPD-A530をメンテナンス

ブロンプトンの過酷な遠征で使ってきたペダル「PD-A530」は役目を終え、現在はデッドストック状態になっていましたが、ブロンプトン弐号機で再び使うことにしました。酷使してきたペダルを新車にそのまま使うのもバランスが悪いので、ペダルのメンテナンスを自力でやってみます。

>> 続きを読む



2014年02月09日

雪の日は読書です(小説版 弱虫ペダル)

雪の日は読書です(小説版 弱虫ペダル)

本編ではワンシーン(前後輪パンクした巻島がリタイア)のみ登場したヒルクライムレースの全容を小説化。ヒルクライムレースを舞台とした巻島裕介と東堂尽八の対決物語であっても、単なるレースものになっていないところが「弱虫ペダル」らしさ。漫画じゃなくて文章で臨場感が伝わってくるところに完成度の高さを感じます。

>> 続きを読む



2014年02月11日

ブロンプトン弐号機ポタリング仕様Ver.1

ブロンプトン弐号機ポタリング仕様Ver.1

初号機が過酷な遠征仕様のため、見た目より実用性を最優先しているため、弐号機はオシャレ路線にしてみました。

>> 続きを読む



2014年02月14日

雪景色を見ながらジテツウ

雪景色を見ながらジテツウ

ブロンプトンのタイヤをグリーンタイヤに交換して乗り切ろうかと考えるものの、再びスリックに戻すのも面倒です。そこで、出番がゼロになりかけていたアンティーコに活躍してもらいます。可変ステムですのでハンドル位置を簡単に高めることができ、ペダルはデッドストック品のフラットペダルに交換して、荷重のほとんどがお尻に掛かるためサドルを柔らかいものに変更。さて、夜明けを迎え、雨なのか雪なのか。。。

>> 続きを読む



2014年02月15日

ビアンキLupoDをジテツウ仕様に変更

ビアンキLupoDをジテツウ仕様に変更

悪天候のジテツウだけでなく買い物などにもキャスパーを投入していましたが、今思うとマウンテンバイクはイレギュラー用途に使いやすかったのかもしれません。キャスパーとLupoDをトレードしてもらうことも検討しましたが、なんだかんだといっても愛着があるLupoDですので、LupoDを実用車仕様に変更することで出番を増やすことにします。

>> 続きを読む



2014年02月16日

M3L改の「なんちゃってフロントダブル」

M3L改の「なんちゃってフロントダブル」

「日本一周」の残りのルートも3速で何とかなりますが、それとは別枠で日本全国制覇の一環としていくつかネタを用意してあります。さすがにそれらについては3速では「ひたすら押し歩き」になってしまうため、日本一周を終えた後にブロンプトン初号機M3L改を激坂峠仕様に進化させる予定でしたが。。。

>> 続きを読む



2014年02月17日

折れたスポークとジテツウ用タイヤ

折れたスポークとジテツウ用タイヤ

ジテツウの途中で泥除けのステーを巻き込んで折れたスポーク。緩い上り区間で異音を感じ、すぐに停車して後輪をチェックしたため大惨事には至らず、被害はスポーク1本のみ。帰宅後にLupoDで使っていた古いホイールからスポークを転用して今日に至りました。

>> 続きを読む



2014年02月24日

南国サイクリング「宮古島と沖縄本島」

南国サイクリング「宮古島と沖縄本島」

沖縄エリアで「いつかは行ってみたい」と思い描いていた『宮古島』にもこの機会に行ってみることにします。

>> 続きを読む



2014年02月28日

ジテツウトレーニング月間の2014年2月度

ジテツウトレーニング月間の2014年2月度

重いタイヤを使ったジテツウトレーニングに取り組んだ2月度の走行距離は1341km、獲得標高は9401m、体重は63.55kg(BMI:22.0)、体脂肪率は11.0%。前半はROMA改に悪路でも使える32cの重いタイヤを使い、後半はLupoDに35cのタイヤを使ってみました。筋トレにはなりましたが、ジテツウ直後に2回目の朝食をとっているため体重は増えてしまいました。

>> 続きを読む



2014年03月02日

ブロンプトンS2Lを10速化させます

ブロンプトンS2Lを10速化させます

快速仕様のS2Lを重装備にすることにした最大の理由は「ブルベ」にあります。ロードバイクでサクッとSRの認定を取ってしまったので、どうせなら誰もやったことがない「ブロンプトンでSR」に挑戦したくなったのです。

>> 続きを読む



2014年03月06日

実用性優先の全天候型ジテツウ車ビアンキLupoD

実用性優先の全天候型ジテツウ車ビアンキLupoD

ビアンキLupoDもどきのROMA改との住み分けのためにLupoDを実用的な自転車に仕上げることにしました。その第一弾として2月中旬にROMAのパーツを再利用して油圧式ディスクブレーキ、フラットバー、10速化させています。

>> 続きを読む



2014年03月08日

ブロンプトン弐号機を20速化

ブロンプトン弐号機を20速化

ブロンプトンの多段化の最終形である「20速化」に取り組みました。旅仕様の初号機と快速仕様の弐号機のどちらを「20速化」させたら良いのか悩みましたが、遠征先でのトラブルの要因を少しでも減らしたいため、初号機を大きくいじくることは回避。そこで、弐号機を軽装備でのロングライド仕様にします。方向性としては「ブルベ」に適したギア構成。

>> 続きを読む



2014年03月09日

ブロンプトン弐号機で激坂と闘う

ブロンプトン弐号機で激坂と闘う

20速化させたブロンプトン弐号機の試走のステージとしては「200km超のロングコース」と「勾配16%超の激坂巡り」が考えられますが、寒波が戻ってきてあまりにも寒いため、早起きして200kmも走る気になれません。そこで、激坂遊びファイナル「激坂四天王との闘い」のコースを走ることにしましたが、初戦敗退の場合はその後を続ける必要が無いため、闘う順番を変えて挑みます。

>> 続きを読む



2014年03月10日

ブロンプトンのハンドルについて

ブロンプトンのハンドルについて

ブロンプトン初号機については5個のハンドルを試してきました。近場のポタリング、1日の走行距離が100km未満のサイクリング、2泊程度のサイクリング、そして過酷な遠征。。。最終的には「4泊とか5泊で1日の走行距離が150kmを超えるような遠征に適したハンドルは『Pハンドル』である」と結論付けたわけです。

>> 続きを読む



2014年03月11日

ブロンプトン初号機をさらに進化させて旅仕様Ver.5

ブロンプトン初号機をさらに進化させて旅仕様Ver.5

今シーズンの東北と北海道遠征に向けてブロンプトン初号機をさらに進化させることにしました。実は、進化の途中で沖縄遠征をしているため、今回の作業で進化完了といったところでしょうか。

>> 続きを読む



2014年03月13日

「内装5段変速は微妙です」とはどういうことなのか

「内装5段変速は微妙です」とはどういうことなのか

ブロンプトン初号機の修理後、冬場のカスタマイズ期間中にやりたいことがあったため、小牧のショップに「内装5段変速」のホイール組みを相談しました。「組むことはできますが内装5段変速は微妙です」と意味深なことを言われましたが、その時はシフターの調整が難しいことなのかなとそれ以上は突っ込んだ話には発展せず、「内装5段変速のホイールが欲しい」という依頼だけして、「10速化」作業は自分でやることにしました。

>> 続きを読む



2014年03月14日

ブロンプトン初号機と弐号機の仕上げ

ブロンプトン初号機と弐号機の仕上げ

昨年末から、ブロンプトン初号機、弐号機、そしてLupoDをあれこれいじくってきましたが、今シーズンのカスタム期間もそろそろ終わりです。春からの遠征に向けてブロンプトン初号機と弐号機の仕上げに取り掛かります。

>> 続きを読む



2014年03月15日

ブロンプトンで大多賀峠2014

ブロンプトンで大多賀峠2014

ブロンプトン初号機Ver.5の仕上がり具合の確認を兼ねて、次回の東北遠征を想定したルートを走ってみることにしました。近場である程度はひたすら上ることができるコースは「段戸山ヒルクライム」となります。

>> 続きを読む



2014年03月16日

ブロンプトン弐号機で田原坂アタック

ブロンプトン弐号機で田原坂アタック

昨日はブロンプトン初号機を遠征を想定したコースでテストしましたが、十分に満足いく仕上がり具合でした。弐号機はブルベをターゲットにしているため、200kmオーバーのコースを設定して初号機で弁天島200kmを走った時との違いを体感しておきたいのですが、疲れなのかイマイチ気が乗りません。

>> 続きを読む



2014年03月24日

ブロンプトン弐号機の最適解を求めて試行錯誤の連続

ブロンプトン弐号機の最適解を求めて試行錯誤の連続

弐号機についてはブルベのように“ひたすら走る”ロングライドに適した仕様を目指していますが、初号機と同様に「Pハンドル」に交換させるのが一番手っ取り早いのは事実です。「Pハンドル」は理想的なハンドルでロングライドに適しています。

>> 続きを読む



2014年03月30日

「増税前の駆け込み」で大量に購入

「増税前の駆け込み」で大量に購入

4月1日からは消費税が8%になり、1万円のものなら300円アップ。たったの300円と思いたいのですが、毎月10万円から20万円も使っていると、結構な差額になります。「増税前の駆け込み需要」そのものですが、必要なものは買っておけというわけで、最後の追い込みで次から次へと止まることなくポチッしまくりました。

>> 続きを読む



2014年03月31日

ブロンプトンカスタム月間の2014年3月度

ブロンプトンカスタム月間の2014年3月度

今シーズンの遠征およびブルベに備えてブロンプトンのカスタマイズ&試走に時間を費やした3月度の走行距離は1528km、獲得標高は8796m、体重は63.60kg(BMI:22.0)、体脂肪率は10.7%。遠征無しでブロンプトンの走行距離が1027kmに達しました。しかし、ブロンプトンで走っている割には体重は減りません。ブルベを想定したロングライドで検証したところ、ブロンプトンの場合は少しでも負荷を掛けると膝への負担が大きいことが分かり、心拍数120〜130bpm程度で走っていたようです。同様にジテツウを続けている割に体重が減らない理由は「重いLupoD」にあります。LupoDを走らせるためにはトルクが必要になるため、心拍数を高めるほどの走りができていません。

>> 続きを読む




ミニベロおやじ@悠遊写輪のトップページに戻る