サイトマップ  HOME

ミニベロおやじ@悠遊写輪

ミニベロおやじ日記 2015年7月〜9月

2015年07月06日

ようやく2014年の遠征レポートが完成しました

ようやく2014年の遠征レポートが完成しました

昨年の6月と7月の北海道遠征のレポートが完成したことで、ようやく2014年のレポートが全て揃いました。

>> 続きを読む



2015年07月13日

ブロンプトンの旅「日本縦断Aルート中」編まとめ

ブロンプトンの旅「日本縦断Aルート中」編まとめ

『岐阜遠征「戦国時代の面影を巡る旅』が「日本縦断Aルート中」のスタート編となります。

>> 続きを読む



2015年07月14日

ブロンプトンの旅「日本縦断Aルート西」編まとめ

ブロンプトンの旅「日本縦断Aルート西」編まとめ

日本一周コース「日本縦断Aルート西」編はJR岡山駅を起点に前半と後半に分かれます。前半はシンプルに「岡山市→神戸市→大阪市→和歌山市」を走りますが、そこからは複雑に高野山から紀伊半島を南下して潮岬、そして伊勢神宮へ向かいます。

>> 続きを読む



2015年07月15日

ブロンプトンの旅「九州・沖縄」編のまとめ

ブロンプトンの旅「九州・沖縄」編のまとめ

日本一周コース「九州・沖縄」編については悪天候の影響などでルートを遠征直前に変更したりしましたが、帳尻合わせが上手くいき「一筆書きで日本縦断47都道府県制覇」のコースとしていた「佐賀市→平戸市→長崎市→天草市→熊本市→阿蘇市→大分市→宮崎市→佐多岬→鹿児島市」を走破しました。

>> 続きを読む



2015年07月16日

ブロンプトンの旅「日本縦断Aルート東」編のまとめ

ブロンプトンの旅「日本縦断Aルート東」編のまとめ

日本一周コース「日本縦断Aルート東」編は関ケ原から北陸へ向かい、日本海側を青森市まで北上します。そして本州最北端の大間崎から函館に渡りますが、広大な北海道も複雑なルートで日本最北端の宗谷岬を目指します。

>> 続きを読む



2015年07月17日

ブロンプトンの旅「日本縦断Bルート」編のまとめ

ブロンプトンの旅「日本縦断Bルート」編のまとめ

日本一周コース「日本縦断Bルート」編は、九州の大分から愛媛に渡り、四国をぐるっと一周してから、しまなみ海道で本州に戻り、山陰エリアを東へ向かいます。京都からは「愛知→静岡→神奈川→東京→千葉→茨城→栃木→福島→山形→宮城→岩手」をジグザクに進み、青森の八戸から北海道の苫小牧に渡ります。そして日本一周のゴールを目指します。

>> 続きを読む



2015年07月26日

ジテツウ仕様のLupoDをリファイン

ジテツウ仕様のLupoDをリファイン

さらなるリラックスポジションにするため、可変式ステムを使ってハンドル位置を高めます。ハンドル径が合わないため、アンティーコ用に購入したフラットバーに交換。この時点でハンドル幅が短いのが気になりますが、一発で完璧になるとは思っていないため、まずは試しです。

>> 続きを読む



2015年08月01日

初心に返って「Bicycle Photo magazine」

初心に返って「Bicycle Photo magazine」

納得いくまで撮影に没頭していては、それだけ走行時間を減らす必要があるため仕方ありません。しかしながら、昨年の夏で「ブロンプトンの旅」の日本一周編が完結して、それ以降の日本全国補完の旅では、余裕を持ったスケジュールを組めるようになり、“ハイキング”なども楽しんでいます。つまり、写真撮影にも時間を割り当てることが可能になっています。

>> 続きを読む



2015年08月02日

Mハンドル仕様のアンティーコ

Mハンドル仕様のアンティーコ

先日、マルチポジションハンドルバーをLupoDに使った時にアンティーコのステムを転用したため、LupoDのステムとハンドルをセットでアンティーコに移植。もともとこのセットはROMAの標準品であるため、見た目がごつすぎます。そこで、以前使っていたフラットバーを再利用してみたくなったため、デッドストックになってしまった「ステム バークランプ25.4mm 長さ80mm」を使ってみます。

>> 続きを読む



2015年08月05日

オシャレな「旅×カメラ style magazine LAT.35°N」

オシャレな「旅×カメラ style magazine LAT.35°N」

「○○とカメラ」のようにあくまでも○○が主になる場合のカメラに関しては、写真撮影を主にやってきた人ではない人たちのアイデアなりノウハウが役に立ってくると思います。

>> 続きを読む



2015年08月06日

ブロンプトンのSハンドルを再利用

ブロンプトンのSハンドルを再利用

LupoDのブレーキを油圧式ディスクブレーキにした時にステムとハンドルをROMAからLupoDへ移植して使ってきましたが、腰が痛くなることがちょくちょくありました。負荷を掛けずに走れば腰が痛くなることもなかったため、ポジションが微妙に合っていなかった可能性が考えられます。

>> 続きを読む



2015年08月07日

130mmのステムをアンティーコで試す

130mmのステムをアンティーコで試す

カスタマイズレベルだと見境もなく10万円以上も使ってしまうことが頻繁にありますが、1万円程度の少ない費用で楽しめる「リファイン」をLupoDとアンティーコに施しているわけですが、なかなか落としどころが見つかりません。

>> 続きを読む



2015年08月09日

プロムナード仕様Ver2.0のアンティーコ

プロムナード仕様Ver2.0のアンティーコ

ブルベ仕様からプロムナード仕様Ver1.0に変化したアンティーコですが、それ以降も最適解を求めて迷走しています。「見た目」、「快適さ」、「走り」のバランスをどのように取るのか。あれこれ試して「ブルベ仕様」が一番良いと思うのですが、ブルベ仕様の場合は走れそうな雰囲気がする外観であるため、どうしても負荷を掛けて走りたくなってしまいます。ミニベロは頑張って走るものではありません。ただ疲れるだけです。

>> 続きを読む



2015年08月11日

「筋肉は2か月で完全に生まれ変わる」だそうです

「筋肉は2か月で完全に生まれ変わる」だそうです

「Tarzan特別編集 足りないヒトの……タンパク質チャージ術!」によると「筋肉は1日1.8%ずつ変わり、2か月で完全に生まれ変わる。」だそうです。これをそのまま受け取ると、何かに必要な筋力を得るには最低では2か月のトレーニングが必要で、その逆に2か月間サボると筋力を失うことになります。

>> 続きを読む



2015年08月12日

「プロムナード仕様Ver.2」のアンティーコは速い

「プロムナード仕様Ver.2」のアンティーコは速い

今年の1月のカスタム月間でアンティーコをブルベ仕様に仕上げました。ジテツウのフルコースのアベレージが23.0km/hを超えるようにセッティングすれば、ブルベも余裕を持って完走可能だろうということで、試行錯誤しながら煮詰めていきました。

>> 続きを読む



2015年08月16日

ウニウニ動く「MORGAW SADDLE(モーガウサドル)」

ウニウニ動く「MORGAW SADDLE(モーガウサドル)」

今年の5月に「これはもしかしたら!」と思いつきで購入したサドルがあります。注文後に自転車NG期間に入ってしまいましたが、ようやくロードバイクにも乗れるようになってきたため、この怪しいサドルを試すことができます。その怪しいサドルとは…

>> 続きを読む



2015年08月18日

「ダイエットはおやめなさい」は良本です

「ダイエットはおやめなさい」は良本です

目を引くタイトル「ダイエットはおやめなさい」はひっかけで、正式タイトルは非常に長い「寝たきり老人になりたくないのならダイエットはおやめなさい」で、内容としては「食事制限ダイエットはおやめなさい」です。「食事制限ダイエット」をやっている人は手遅れになる前に、この「ダイエットはおやめなさい」を読んでみると良いかもしれませんね。

>> 続きを読む



2015年08月22日

フェニックスで三河湖へ

フェニックスで三河湖へ

2か月半の休養期間中の筋力ダウンがどのくらいあるのか分かるのが嫌で「山」へ向かわず、いつもの堤防道路の往復ばかりでした。しかし、ジテツウで筋力が回復しているかもしれないため、機材の検証も兼ねて山も少しずつ走るようにしていきます。

>> 続きを読む



2015年08月24日

続・ジテツウ仕様のLupoDをリファイン 前編

続・ジテツウ仕様のLupoDをリファイン 前編

今まであれこれと手を掛けてきたLupoDですが、なかなか最適解が見つかりません。他の自転車を補完するような役割をLupoDに持たせているため、自転車が増えるたびにLupoDの立ち位置が変わってしまいます。あれこれパーツを買って試すというのも切りがないため、そろそろ「実用性重視」という路線で決着をつけたいところです。要件を欲張ると落としどころが見つからないため、ジテツウトレーニングではなく単なるジテツウ用途とします。

>> 続きを読む



2015年08月25日

続・ジテツウ仕様のLupoDをリファイン 後編

続・ジテツウ仕様のLupoDをリファイン 後編

LupoDの最終仕様に向けてのリファインの続きです。4点の変更で平野部のアップダウンについては快適になりましたが、ジテツウコースには8〜10%の上り区間があります。

>> 続きを読む



2015年08月26日

ビアンキROMA(改)のリファイン 前編

ビアンキROMA(改)のリファイン 前編

自転車NG期間があったため「ROMA(改)をブルベで使ってみよう」が中途半端になっています。来シーズンがどうなるのか全く未定ですが、ROMA(改)をブルベ仕様にしてみることにします。

>> 続きを読む



2015年08月27日

ポタロード「ニローネ フラットバー」組立編

ポタロード「ニローネ フラットバー」組立編

パーツを外されインテリアになってしまったビアンキニローネ。そのうちLupoDがヘタリ、さらにROMAにもヘタリがきたらニローネをジテツウ用途に組み立てようかと考えていましたが。。。

>> 続きを読む



2015年09月01日

ポタロード「ニローネ フラットバー」仕上編

ポタロード「ニローネ フラットバー」仕上編

注文しておいた「TOGS(トグス)」が届いたため仕上に取り掛かります。単なるプラスチックの小さなパーツの「TOGS(トグス)」ですが、価格はなんと驚きの3690円もします。見た目だけで判断すると500円くらいかと思えてきます。大手メーカーが大量に生産すれば500円も可能かもしれませんが、超ニッチなパーツだけに高額になってしまうのは仕方ありません。3Dプリンタを持っている人なら自作できそうです。

>> 続きを読む



2015年09月03日

ビアンキROMA(改)のリファイン 後編

ビアンキROMA(改)のリファイン 後編

LupoD用に買った最初の手組ホイールのハブはXTRですが、頑丈なリムを選んだため、上りが辛いです。それで2セット目の手組ホイールにはXTのハブにそこそこ軽いリムで組んでもらい、ROMAで使ってきました。気の迷いの発端は、XTRのハブに軽いリムを使ったらどんなホイールになるのだろうかという興味本位でした。

>> 続きを読む



2015年09月05日

ビアンキROMA(改)のリファイン 実走編

ビアンキROMA(改)のリファイン 実走編

ROMA(改)をカスタマイズしたからこれで満足というわけではありません。あくまでも実用性を求めたカスタマイズですから、実走確認は必須です。

>> 続きを読む



2015年09月10日

ポタロード「ニローネ フラットバー」改善編

ポタロード「ニローネ フラットバー」改善編

完成した「ニローネ フラットバー」ですが、試走の印象としては「トルクが逃げる感じがする」です。最終形態になったアンティーコの場合は腕の引きと脚の踏み込みが上手く同調するのか、トルクを掛けただけ進むような感覚があります。フラットバー化させたニローネにそれが無いのは何故なのでしょうか。

>> 続きを読む



2015年09月11日

続・ジテツウ仕様のLupoDをリファイン 仕上編

続・ジテツウ仕様のLupoDをリファイン 仕上編

2009年3月に購入したビアンキLupoDですが、購入直後からあれこれいじくってきました。サイクリング用途からジテツウ用途に役目を替えてからも気分転換を兼ねてカスタマイズしてきましたが、最終的には実用性重視の方向性で決着をつけることにしました。

>> 続きを読む



2015年09月14日

続・ジテツウ仕様のLupoDをリファイン 完成編

続・ジテツウ仕様のLupoDをリファイン 完成編

LupoDのジテツウ仕様の最終形態に向けて手持ちの余っているパーツをやりくりしてカスタマイズしてきました。アンティーコ、ニローネ、ROMAも同時進行でカスタマイズしてきたため、なんだかんだで新たにダメ元で購入したパーツも結構あります。「やっぱりダメだった」というパーツに関しては他の自転車に転用することで使い道が出てきたものもあるため、全てがムダな出費というわけではありません。

>> 続きを読む



2015年09月16日

デミオDにロードバイクを積むために

デミオDにロードバイクを積むために

2世代前のデミオなら1台限定となりますが、前後輪とも外さずにロードバイクを積むことができ、やったことはありませんが前後輪とも外せば3台くらいは積めそうです。ちなみに過去にはママチャリもそのまま積んだことがあります。さて、DJデミオはどうなのでしょうか。ドライバー最優先の設計になっているため、積載量は随分と犠牲になっていることは承知で購入したのですが、イザという時に「あれま」ってなっては困ります。

>> 続きを読む



2015年09月17日

ポタロード「ニローネ フラットバー」完成編

ポタロード「ニローネ フラットバー」完成編

フラットバー仕様にした直後に感じた「思うように進まない」は解消されて、とても軽快に進むようになったポタロード「ニローネ フラットバー」です。ブルベの300kmくらいはこれでいけるかもしれません。

>> 続きを読む



2015年09月18日

快眠のための白い粉「グリシン」

快眠のための白い粉「グリシン」

運動不足になった日は熟睡できていないのかもしれないと最近感じるのです。レム睡眠が多いのか寝ていても頭が疲れています。とくに夢のせいなのか夜中に起きてしまうこともあり、いまいち寝起きの気分が優れません。

>> 続きを読む



2015年09月27日

街乗り仕様のブロンプトン弐号機

街乗り仕様のブロンプトン弐号機

快速仕様に仕上げたブロンプトン弐号機ですが、実のところ全く出番はありません。輪行で遠出するのならブロンプトン初号機で良いわけで、わざわざ弐号機を使う理由が見つかりません。

>> 続きを読む



2015年09月29日

バラは早くてコスモスは遅い

バラは早くてコスモスは遅い

下山からの帰路なら少しルートを変更すれば奥殿陣屋に立ち寄ることができます。ここのバラ園には過去に何度も訪れていますが、今年はなんだか雰囲気が違います。なんと9月29日の時点でバラの見ごろが過ぎています。どういうことなのでしょうか。

>> 続きを読む




ミニベロおやじ@悠遊写輪のトップページに戻る