サイトマップ  HOME

ミニベロおやじ@悠遊写輪

ROMAの「休日」

オヤジ日記から「BIANCHI ROMA」に関する記録を転記します。

2013年6月29日

遠征の谷間の期間には毎度の事ながら物欲が爆発しますが、「次はFRC36に決めた。問題は、いつ買うか」という状態にあったわけですが、FRC36を買ってスポルティーフに仕上げても今のところ使う機会がありません。

ジテツウトレーニングでLupoDを酷使しているため、次にヘタリが来るのは確実にLupoDです。その時期になったら似たようなフレームを購入してパーツを移植すれば良いかと思い直し、そのフレームの目星は付けてあります。

そこで今回は大きな買物はやめて、LupoDの2セット目の手組みホイールを購入。

さっそく、そのホイールをジテツウトレーニングで使ってみました。リムが軽量になっているため加速時と上り区間は快適になり、路面からの振動も吸収してくれるようで手のしびれも無くなりました。

しかし、もともと重いLupoDですから上りはどうしても脚への負担が大きく、ジテツウの往路で40km程度走ると朝からヘトヘトになってしまいます。かと言って、ロングライドレベルまで負荷を下げてしまうとトレーニングになりません。

LupoDがヘタリが来てから買う予定のフレームもクロモリの頑丈なものであるため、かなり重い。下手するとLupoDより重くなってしまうかもしれません。

欲しいものは、LupoDのような自転車で、LupoDより3kg程度は軽いもの。ところが探してみてもそのような自転車は存在しません。ジテツウトレーニングで使うのですから、ここでフルカーボンのシクロという選択肢はありません。

ディスクブレーキ仕様のクロモリフレームはとにかく重い。しかし、ディスクブレーキ仕様のアルミの入門ロードは“まだ”存在しない。コスト的には10万円程度で用意できるハズですが、メーカーとしては市場の動向を見ているのでしょう。「ディスクブレーキ仕様のアルミの入門ロード」を作るためのパーツは既に存在しているため、フレームさえあれば良いのです。ノーマル状態のLupoDはロードパーツで構成されています。2009年の1年限りの限定モデル扱いで消えたLupoDは先進的であったともいえます。

「LupoDのアルミモデルがあればなぁ」が常に頭のどこかにあったのか、あるモデルを見て「あれ?これって」という閃きが。。。

価格的にダメ元で購入しても、本当にダメだったとしてもジテツウで使えるわけですのでムダにはなりません。

2014年モデルはどこのメーカーも一斉値上げ。便乗値上げと思えるほど価格が跳ね上がるため、手に入れるのなら今しかありません。

メーカー(代理店?)に数台の在庫があるらしいので、即行決断で発注。

で、手に入れた自転車遊び8号機は「Bianchi ROMA」。欲しかったのはこのフレームです。パーツは総入れ替えとなります。

Bianchi ROMA 商品ページ

ノーマル状態の構成
Model   ROMA
    Shimano TIAGRA
Colours   Matt Celeste
Sizes   50
Frameset Frame Alloy with Smooth Welding
Fork Kinesis Full Alloy
Headset Tange Seiki 1A-ZS2282-BK 1-1/8"
Group Shifters Shimano TIAGRA
Rear Derailleur Shimano TIAGRA 10sp
Front Derailleur Shimano TIAGRA 31.8mm
Crankset FSA OMEGA 50/34T : 165/170/170mm
BB FSA MEGAEXO, BB-4000
Chain Shimano HG53
Sprocket Shimano CS-4600 12-28T
Brakes Shimano DISC-BRAKE, BR-M395
Brake Lever Shimano BL-M395
Wheels Rear Hub Shimano FH-RM35
Front Hub Shimano HB-RM35
Rims Alex DP17
Tire Continental ULTRA SPORT 700X28C
Components Stem ART ZS-S8 OS : 90/100/100mm
Handlebar HL MTB-AL-110 BT
  540/540/560mm
Grips Velo VLG-864
Seatpost HL SP-311 27.2X300mm
Saddle Velo VL-3059
Pedals VP VP-519A

帰宅後、さっそくパーツの交換に取りかかりますが、店員さんが「油圧式はめんどくさいですよ。ホイールを外して嵌めなおすとシャリシャリ鳴ると思います」って嫌なことを。。。

本当にめんどくさかった。ホイールを外してブレーキレバーを握ってみたら、なんとこんなことになってしまった。シャリシャリどころか全くホイールが嵌りません。

リセット方法が知りたくてショップに電話。マイナスドライバーで無理やり広げてくださいとのこと。

広げてホイールを嵌めてみると。あかんはこれはという状態。本当にホイールを外すと悲惨なことになります。ここからの調整方法は店員さんに聞いておいたので、なんとかなりましたが。

次なる難関は「シマノ XT ディスクローター SM-RT81S」がブレーキ本体に当たってしまうこと。ヤスリで角を落として解決。

ROMAのおまけのホイールの総重量は4.05kgもあったため、とても使う気になりません。未使用のまま倉庫行きです。ローターは外してLupoDで使うことにしましたが。

暑い中、予想外の時間を費やして汗だく。難関は突破したので残りはサクサクと片付けます。

クランクセットはパナモリORC16に付いてきた「FC-5700 50/34T」に換装。LupoDは42/34Tにしてあるため、50/34Tのアウターは大きすぎますが、しばらくこのまま使います。

ペダルはジテツウ用途に最適な「SHIMANO CLICK'R PD-T400」。

リア変速機もパナモリORC16に付いてきた「RD-5700A」に換装。ちなみにDURAプーリーに交換済みです。

サドルは「fi'zi:kLIFE ALIANTE」。これはアリアンテのコンフォートライドバージョン。ブロンプトンで使っていたものを再利用。ロングライドには向かないかもしれません。

この状態で約9.8kgです。

カラーはビアンキらしくチェレステ。このカラーを選ばないのならビアンキである必要は無いとさえ思っています。というのは建前で、普通の人はカラーで自転車を見分けるので、自転車が増えたことを家族が気が付かない可能性が高いというだけのことです。というわけで3台目のチェレステ。

イタリアブランドの車名がROMAというのは、パナソニックが自社の自転車にTOKYOと命名するようなものですね。

グリップを交換、ボトルケージ、ライト、ベル、サイクルメーターを装着。そしてセンタースタンドを装着してみると、クランクがスタンドに当たってしまいNG。スペースは十分あるのに残念。

午後2時過ぎにようやく作業完了。ようやく昼食です。

午後3時少し前に試走開始ですが、風が妙に強く、時間も遅いため、岩津から上ってぐるっと回って松平に降りてくるコースを選択。

マウンテンバイクのキャスパーでジテツウトレーニングをやっていた時はライザバーとかフラットバーでも上ることはできると思っていましたが、クロスバイクとはいえ「走り思考」に振っていきたい場合にフラットバーでは上りがきつく感じます。

そもそもこの状態は未完成であるため、山間地を走るのには適していません。完成のイメージは「軽いLupoD」ですので。

ドロップハンドルとデュアルコントロールレバー(ST-5700)は既にあるので、機械式ディスクブレーキを手に入れたら作業の続きをやります。

いつもの水源公園で「Bianchi ROMA」を眺めながら休憩タイム。

ノーマル状態のROMAの販売価格は定価で94500円(税込み)。ジオメトリを入門ロードにあわせて、パーツのグレードを下げたらドロップハンドル+デュアルコントロールレバーにしても10万円程度で発売できると思いますが、どこが先にやるかでしょうね。今回もビアンキかもしれませんが。

さて目玉の油圧式ディスクブレーキですが、晴天時でもガンって効きます。LupoDの場合はワンテンポ遅れてギュッと効くのに比べると、ROMAの場合はVブレーキをさらに効くようにした雰囲気です。これなら高額なブレーキシステムなど買う必要はないため入門ロードはディスクブレーキが良いと思います。ダウンヒルや雨中走行の時に本領発揮することでしょう。ディスクブレーキなら超軽量リムが使えるので上りはさらに楽になるかもしれません(金さえ掛ければ)。

本日の走行データ
距離: 41.61km
高度上昇値: 404m
平均スピード: 23.5km/h

自分好みに仕上げる自転車は楽しい。それに尽きます。

2013年06月30日

ROMAの知多イチで得たもの

ROMAの知多イチで得たもの

ROMAの初サイクリングとして、昨年企画して未実行の「明治村・昭和村・大正村」を巡る200kmコースにしようかと思ったものの、フラットバーで山間地を走るのはつらい。そこで毎年恒例の「知多半島・渥美半島・浜名湖」の200kmコースに決めましたが。。。

>> 続きを読む



2013年07月10日

ROMAの休日「トレーニングコースの開拓」

ROMAの休日「トレーニングコースの開拓」

本日(7月10日)は平日ですが休みを取っています。諸事情で午後から名古屋市内へ家族で行くことになっているため、使える時間は正午まで。ロングライドをする余裕はないため、トレーニングコースの開拓を兼ねてROMAで山間地を走ります。

>> 続きを読む



2013年07月21日

ROMAの休日「田原坂TT」

ROMAの休日「田原坂TT」

「クロスバイクのROMAで真剣に走った場合はどのくらいのタイムをたたき出すのか」という思いのみで走った結果、予想外の好成績。田原坂は距離が6km程度で平均勾配が5%程度の緩いコース。上るだけならそれほど苦労はしません。

>> 続きを読む



2013年07月28日

ROMAの休日「ベンチマーク」

ROMAの休日「ベンチマーク」

機械式ディスクブレーキの入手が困難な状態にあり、「なぜROMAを選んだのか」を根底から覆されるような雰囲気になりかけましたが、ロード用のディスクブレーキの旧製品「BR-R505」で妥協。

>> 続きを読む



2013年08月11日

「ROMAを仕上げる」と「ブロンプトンの試走」

「ROMAを仕上げる」と「ブロンプトンの試走」

遠征のために土曜日出勤が続くため、日曜日は貴重な休日になりつつあります。無意味なロングライドをやっている暇はないため、すべきことをやっておきます。

>> 続きを読む



2013年08月18日

ROMAの休日「トレーニングコースの開拓(県道337号)」

ROMAの休日「トレーニングコースの開拓(県道337号)」

北海道遠征の直前ですので、当然ながらロングライドやヒルクライムTTは自粛です。昨年は遠征前日まで無理をして、膝痛や滑車神経麻痺に苦しむことになったため、今シーズンは遠征の数日前から負荷を掛けないようにしています。しかし、先日のように遠征初日の朝になって歯痛が起きることがあるため、何が起きるのか予想できません。運が悪ければジテツウの途中で事故に遭うかもしれません。。。

>> 続きを読む



2013年09月30日

ブロンプトンで名古屋ブルベ弁天島200km

ブロンプトンで名古屋ブルベ弁天島200km

遠征は連日の走行となるため、単日の速さよりも毎日走ることが重要視されます。ブロンプトンで走り回っていると150km程度ならロードと大して変わらないと思えてきますが、単日限定で気合を入れて走った場合にどのくらいの速さを見込めるのか気になります。そこで走りなれた名古屋ブルベ弁天島200kmのコースをブロンプトンで走ってみることにしました。

>> 続きを読む



2013年11月17日

ディスクブレーキ仕様ロードバイク用ホイール「WH-RX31-CL」

ディスクブレーキ仕様ロードバイク用ホイール「WH-RX31-CL」

ディスクブレーキ用の軽いホイールは無いものかと夏以降チェックしていましたが、ニッチすぎる需要だけに庶民が買える価格のものは見つかりません。そんな中、自転車業界としては「ロードにもディスクブレーキを」という流れを作りたいのか、ロード用のディスクブレーキのパーツが次々と登場。その中に庶民価格のホイールがありました。それは「WH-RX31-CL」。

>> 続きを読む



2013年11月30日

紅葉サイクリングお勧めコース(西三河版)

紅葉サイクリングお勧めコース(西三河版)

遠征から戻り、11月最終週もジテツウを続けていましたが、ジテツウトレーニングコースでも良い感じの紅葉を楽しめました。山奥の紅葉は既に終わっていますが、11月末でも西三河の山の入り口付近の紅葉ならまだ十分に楽しめるハズ。。。

>> 続きを読む



2013年12月15日

まったりと知多自転車道を走る

まったりと知多自転車道を走る

秀さんが「知多半島を走る」と宣言していたので、便乗して未走区間の知多自転車道を案内していただくことにしました。ということで、本日のサイクリングの企画内容は「まったりと知多自転車道を走ろう」です。

>> 続きを読む



2014年10月04日

花フェスタ記念公園のコスモス祭り2014

花フェスタ記念公園のコスモス祭り2014

今の時期に「E-PL7で何を撮るか」は深く考える必要は無く、すんなり「コスモス」となり、愛知県内や近県でコスモスの撮影ポイントはいくつかあります。西は「なばなの里」や「木曽三川公園」、東は「浜名湖ガーデンパーク」、北は「花フェスタ記念公園」でしょうか。

>> 続きを読む



2015年04月01日

デュアルピストン機械式ディスクブレーキ「TRP Spyre」に交換

デュアルピストン機械式ディスクブレーキ「TRP Spyre」に交換

油圧式ディスクブレーキに比べて機械式(ワイヤー式)ディスクブレーキの効きはイマイチです。晴天日の場合は、ロードのブレーキ(BR-6700)より効きません。雨中走行になればディスクブレーキの恩恵は絶大ですが、どうしてもという場合を除けば雨の中を走ることはないため、ディスクブレーキはただ単に見た目がカッコ良いという感じです。

>> 続きを読む



2015年04月02日

桜ジテツウ2015

桜ジテツウ2015

桜が満開になると同時に「雨季」のような天候が続きます。「雨の桜」も工夫次第で“絵”になりますが、さすがに雨の中を、撮影機材を背負ってまで自転車で出かける気にはなりません。

>> 続きを読む



2015年08月26日

ビアンキROMA(改)のリファイン 前編

ビアンキROMA(改)のリファイン 前編

自転車NG期間があったため「ROMA(改)をブルベで使ってみよう」が中途半端になっています。来シーズンがどうなるのか全く未定ですが、ROMA(改)をブルベ仕様にしてみることにします。

>> 続きを読む



2015年09月03日

ビアンキROMA(改)のリファイン 後編「軽量ホイール」

ビアンキROMA(改)のリファイン 後編「軽量ホイール」

LupoD用に買った最初の手組ホイールのハブはXTRですが、頑丈なリムを選んだため、上りが辛いです。それで2セット目の手組ホイールにはXTのハブにそこそこ軽いリムで組んでもらい、ROMAで使ってきました。気の迷いの発端は、XTRのハブに軽いリムを使ったらどんなホイールになるのだろうかという興味本位でした。

>> 続きを読む



2015年09月05日

ビアンキROMA(改)のリファイン 実走編

ビアンキROMA(改)のリファイン 実走編

ROMA(改)をカスタマイズしたからこれで満足というわけではありません。あくまでも実用性を求めたカスタマイズですから、実走確認は必須です。

>> 続きを読む



2015年10月05日

ビアンキROMA(改)の最終仕様

ビアンキROMA(改)の最終仕様

現時点ではROMAの出番が激減していますが、今年の3月ごろに思いついた「ROMAをブルベに投入してみよう」をより現実的にするためのカスタマイズを実行します。いちおう、9月の「ビアンキROMA(改)のリファイン」でROMAを完成させたことになっていますが、実はひとつだけ残していたことがあるのです。

>> 続きを読む



2015年10月17日

リクセン&カウルのライトホルダーFR801は便利

リクセン&カウルのライトホルダーFR801は便利

ディスクブレーキ車の場合はライトを装着させる良い場所があり、LupoDは随分前からその場所を使っています。夜間走行の頻度が少なかったROMA(改)にはハンドルにそこそこ明るめのライトを装着していましたが、ほぼ最終仕様に仕上げたROMA(改)ですから、ついでにライトも片付けておきます。

>> 続きを読む



2015年10月18日

コスモス畑と挙母祭り2015

コスモス畑と挙母祭り2015

地元の祭りで近所が騒がしいため、それが落ち着いてからゴソゴソと準備をして、適当に走り出します。「とりあえず香嵐渓まで行こうかな」と走りますが、途中で気が変わって「そろそろ豊田スタジアムのコスモスが見ごろだろうか」となって、行き先変更。

>> 続きを読む



2015年11月03日

自転車遊び再開して丸7年

自転車遊び再開して丸7年

ブルーノミニベロ16を購入したのが2008年11月2日でしたので丸7年経ちました。いろいろありましたが、なんとなく起承転結で来ているようで、今年に入ってからいっきに「結」になってしまったような気がします。ブロンプトンの旅の日本一周編は完了していますが全国制覇編ということで、遠征の企画はまだいくつもあります。そのうちの5本を今シーズン予定していました。ブルベに関しては参加初年度にパナモリORC16で、二年目にブロンプトンでSRを取っているため、今シーズンは複数の機材を駆使してダブルSRを狙っていました。

>> 続きを読む



2015年11月26日

今度こそビアンキROMA(改)の最終仕様

今度こそビアンキROMA(改)の最終仕様

ジテツウならフラットバーで全く問題がないため、サイクリング仕様に仕上げたROMA(改)を二階の自室へ収納してこのまま出番がなくなりそうな雰囲気。しかし、なにぶん飽き性なため、ニローネフラットバーでのジテツウにも飽きてきました。「飽きた」が本音であることには変わりはないのですが、他にも要因があります。

>> 続きを読む



2015年12月07日

ROMAのリアを10速から9速へ

ROMAのリアを10速から9速へ

「LupoDのクラシカル仕様」と「ROMAのジテツウ仕様」のカスタマイズを並行作業で進めています。過去にあれやこれやと思いつきで余分なものを大量に買ってしまい、このままでは9速用のパーツが永久にデッドストック化してしまいます。10速化させたLupoDをわざわざ9速化させた理由も「9速用のパーツを使うため」だったわけですが、LupoDだけで消化させることはできません。

>> 続きを読む



2016年01月20日

雪のジテツウ2016

雪のジテツウ2016

今朝は、なんとなく嫌な予感がしたのか、なぜか4時前に目覚め、二度寝が全くできない。外を見ても雪が降っている気配なし。最近は疲れ気味のため、朝からのんびりと朝風呂。風呂からあがると「雪が降ってきた」と妻の言葉に促され外に出てみるとあっという間に車が雪に埋もれてしまった。ホウキで雪を払って「そろそろ雪はやむだろう」と朝食タイム…

>> 続きを読む



2016年04月18日

桜の開花を定点観測しながらジテツウ

桜の開花を定点観測しながらジテツウ

今年の桜は開花が早いという予報が出たため、通勤の途中で寄り道して定点観測していきます。

>> 続きを読む



2016年06月18日

固定ローラーはキツイです(タイヤ交換)

固定ローラーはキツイです(タイヤ交換)

ROMAをジテツウ仕様に変更してからは、ジテツウにはROMA、近所のポタリングにLupoDを使っています。LupoDをジテツウで使っていた時は「こんなことが起きるのか!」というようなトラブルに遭いましたが、ROMAに関してはトラブルもなく快適なジテツウを続けてきましたが…

>> 続きを読む



2016年07月25日

運動しないと80kgになります

運動しないと80kgになります

「ダイエットについて『基礎代謝』」で「男性、50歳、170cm、生活強度やや低い」を条件に消費カロリーを計算してみると、体重80kgなら2580kcal/日、体重65kgなら2097kcal/日になります。細かいことはいろいろありますが、体重65kgの人が運動もせずに毎日2580kcalも摂取していれば、どんどん80kgに近づいていくということです。

>> 続きを読む



2016年07月31日

蚊に襲われながら田舎道のルート開拓

蚊に襲われながら田舎道のルート開拓

幹線道路を使わずに三河湾へ向かうルートの開拓ができたため、車が殆ど通らない山間地のルートの開拓に取り掛かります。

>> 続きを読む



2016年08月06日

秘境サイクリング「愛知 県道367号と県道477号」

秘境サイクリング「愛知 県道367号と県道477号」

豊田市の中心部から20kmほど東へ進むだけで“秘境”を感じることができるため、そこそこの脚力は必要になりますが、豊田市の山間地は自転車で走るのに適しています。猪や猿は当たり前として、鹿や熊が生息しているため、どこまで踏み込むのかは自己責任になりますが、「道路が舗装されている」を限度に秘境サイクリングを楽しみます。

>> 続きを読む



2016年12月03日

フラットハンドル用防寒カバーを装着

フラットハンドル用防寒カバーを装着

今年の秋は日々の気温の変化が激しすぎて体調を崩し気味でしたが、それを言い訳に11月に入ってからジテツウをサボっていました。50歳過ぎたこともあって「無理するのは止めた」という気分になっています。ただ、運動をするのが基本になってしまうと、運動しない期間が長引くと逆に不調になるのか、ジテツウしてもしなくても調子がイマイチです。

>> 続きを読む



2016年12月10日

真冬のジテツウ仕様のROMA

真冬のジテツウ仕様のROMA

昨シーズンの冬場は、中華ライト「弱」、X-POWER500「Standard」の構成でしたが、中華ライトを撤去して、シンプルな構成にしました。

>> 続きを読む



2017年01月16日

雪のジテツウ2017

雪のジテツウ2017

再近は年に1回あるか無いかの西三河地区の雪ですが、今年もその日がやってきたようです。例年なら夜中の内に降り始め、朝方には雪がそこそこ積もるため、新雪の中を自転車で走るのが恒例の「雪のジテツウ」です。

>> 続きを読む



2017年02月19日

フルカバータイプのマッドガードを装着

フルカバータイプのマッドガードを装着

マッドガードさえあれば路面が濡れていても問題ないため、ジテツウにおいて雨中走行をしなくてもマッドガードは必要です。ただ、実用性とか見た目とか考慮するとどれにするのか悩むところでもあります。

>> 続きを読む



2017年03月18日

岡崎市の葵桜(河津桜)

岡崎市の葵桜(河津桜)

愛環の線路沿いにも河津桜が植えられていますが、今年は開花が遅かったようで、まだまだ見ごろのようです。ここがそうならもしかしたら…

>> 続きを読む



2017年04月02日

岡崎市の桜ポタ2017

岡崎市の桜ポタ2017

今年は桜の開花が非常に遅く、通勤路にある桜も全く開花の気配がありません。貴重な晴れの休日ですので、「もしかしたら」と少しばかり期待を込めて近場をぶらぶらします。

>> 続きを読む



2017年04月04日

桜の開花とともにジテツウ再開

桜の開花とともにジテツウ再開

雪のジテツウで体調を崩してからは妙に寒さに弱くなったのか、ジテツウの予定で毎日早起きしても「まっ、いいか」が続く日々でした。今年の桜の開花が遅れていますが、蕾がだいぶ大きくなってきたため、そろそろジテツウも再開します。

>> 続きを読む



2017年04月15日

岡崎市の桜ポタ2017パート2

岡崎市の桜ポタ2017パート2

今年は桜の開花が非常に遅かったため、4月15日になってもまだ桜を楽しむことができます。平野部で4月中旬まで桜が残っているというのは非常に珍しいです。週末になると何故か不安定な天候が続き、特に自転車で出かけることを趣味にしている人には今年はハズレ年かもしれません。

>> 続きを読む



2017年04月16日

青空と満開の桜2017

青空と満開の桜2017

なかなか散髪屋へ行く日がないため予定通り朝一でいつもの散髪屋へ。自宅前の遊歩道を北上すると散髪屋へ辿りつけるため徒歩で行けないことはありませんが、もちろん今日も自転車を使います。

>> 続きを読む



2017年05月04日

ぐるっと西三河花ポタ2017

ぐるっと西三河花ポタ2017

GW期間中の行先はワンパターンですが、毎年恒例の花ポタです。まずは岡崎公園の藤棚ですが、いつもなら朝早い時間帯でも藤の花を眺めている人たちが中央付近のベンチに鎮座しているのですが、なぜか今日は外周のベンチに座っています。

>> 続きを読む



2017年05月07日

小鹿を救出と鯉のぼり

小鹿を救出と鯉のぼり

人間ドックまでには昨年より体重を減らしておきたいため、今日も午前縛りで走っておきます。ただカロリー消費目的で走るだけなら、走らずに摂取カロリーを減らしたほうが効率が良いのですが、劣化した心肺能力を少しでも回復させるためには走るしかありません。いつもの足助街道で香嵐渓を目指しますが、冬の期間中に工事をしていた区間が開通したのでそちらを走ってみると…

>> 続きを読む



2017年05月20日

突然効かなくなるディスクブレーキ

突然効かなくなるディスクブレーキ

随分前にジテツウの復路でLupoDの前輪のディスクブレーキが効かなくなったことがあります。その時は薄暗い中で、あーでもないこーでもないと調整してなんとか帰宅しました。たしか、その後しばらくしてパッドを交換した記憶がありますが、すっかりそのことを忘れていました。

>> 続きを読む



2017年05月31日

夏場のジテツウのためにROMAを改良

夏場のジテツウのためにROMAを改良

ただでさえ汗だくになる夏場に、バッグを背負ってジテツウするのは心身ともに疲れます。そこで今シーズンのために何か工夫をしてみます。

>> 続きを読む



2017年06月03日

香嵐渓の新ビュースポット

香嵐渓の新ビュースポット

中日新聞の記事によると香嵐渓に新ビュースポットができたらしいので、さっそく見に行くことにしました。

>> 続きを読む



2017年06月04日

花菖蒲の当たり年かも

花菖蒲の当たり年かも

そろそろ花菖蒲の見ごろになる時期ですが、自走で遠出する気力がないため、近場をぶらぶらします。

>> 続きを読む



2017年06月11日

定番の紫陽花鑑賞地巡り

定番の紫陽花鑑賞地巡り

「ブロンプトンの旅 日本一周編」の時の行程組みは、立ち寄りたいと思ったところをなるべく多めに予定に入れておくようにしていました。そして、当日の進行具合でどこをカットするのか走りながら考えたものです。しかし、とにかく広すぎる北海道だけは立ち寄りポイントを減らしても、「10kgの荷物を積んだブロンプトンで連日170km走る」を強いられました。2014年は「ブロンプトンでブルベのSRを取る」も同時にやり、さらに「日本一周編」の追い込みなどもあって、今さらながら呆れるほど走っていました。

>> 続きを読む



2017年07月23日

今年は妙に季節感が薄れます(花ポタ)

今年は妙に季節感が薄れます(花ポタ)

それぞれ、5月、6月、7月、8月、9月に見ることができる花を、まとめて見ることができてしまうと、妙に季節感が薄れますね。もしかしたら「この期間だけ見ることができる」というのは、その時期に咲くように種を蒔いて、開花した後に見ごろのピークを過ぎればさっさと刈り取ってしまうのかもしれません。

>> 続きを読む




ミニベロおやじ@悠遊写輪のトップページに戻る